29年目を迎えたJリーグでは、これまでにさまざまな選手がピッチに立ってきた。今回は、ベガルタ仙台に所属した選手で最も多くJリーグの試合に出場した外国人選手を紹介する。※成績はJリーグ通算

—————–

5位:J1昇格に貢献したCB

リカルド(ブラジル)
生年月日:1977年2月23日
Jリーグ通算出場数:97試合
在籍時期:2000-02

 ベガルタ仙台の歴代外国人最多出場ランキング5位は、リカルドだ。3シーズンで97試合に出場した。

 ブラジル人のリカルドは、ジーコのクラブでプレーしていた縁で1998年に鹿島に加入したが、コンスタントに活躍することはできなかった。それでも、2000年にJ2だったベガルタ仙台に移籍すると、主力CBとして活躍。2001年のJ1昇格、2002年のJ1残留に大きく貢献している。

 しかし、2003年は広島へ移籍した。2002年11月にリカルドは仙台市内で交通事故を起こしたが、彼が持っていたのはブラジルの免許のみ。無免許運転が発覚し、ベガルタ仙台は契約を更新しなかったのだ。

4位:クラブ史上初のハットトリック

ハモン・ロペス(ブラジル)
生年月日:1989年8月7日
Jリーグ通算出場数:99試合
在籍時期:2014-16, 18-19

 ハモン・ロペスがベガルタ仙台の歴代外国人最多出場ランキング4位だ。99試合に出場している。

 ウクライナ、ブルガリアとヨーロッパでプレーしてきたハモン・ロペスが日本にやってきたのは、2014年シーズンの途中だった。当初は苦しんだものの、2年目からは適応し、2016年は10ゴールに到達。サガン鳥栖戦ではハットトリックを達成。J1でのハットトリックはクラブ史上初のことだった。

 2017年へ柏レイソルへ移籍したハモン・ロペスは、2018年シーズン途中にベガルタ仙台に復帰した。

3位:J1昇格にも貢献

パク・チュソン(韓国)
生年月日:1984年2月20日
Jリーグ通算出場数:113試合
在籍時期:2009-12

 ベガルタ仙台の歴代外国人最多出場ランキング3位は、パク・チュソンだ。4シーズンで113試合に出場した。

 2009年に当時J2だったベガルタ仙台に加入したパク・チュソンは、左サイドのスペシャリストとして活躍。第49節のセレッソ大阪戦では苦手としていたヘディングでゴールを決め、J1昇格に貢献した。

 その後も主に左サイドバックでプレーしたパク・チュソンは、J1でも活躍。クラブの躍進を手助けした。

2位:浮沈のカギを握った男

シルビーニョ(ブラジル)
生年月日:1977年1月17日
Jリーグ通算出場数:117試合
在籍時期:2002-05

 シルビーニョがベガルタ仙台の歴代外国人最多出場ランキング2位だ。4シーズンで117試合に出場した。

 2002年にベガルタ仙台にやってきたシルビーニョは、J1に昇格したばかりのチームで存在感を放ち、すぐに中心選手となった。特にアシストなどでチームに貢献している。

 当時のベガルタ仙台は、シルビーニョの調子次第と言われたほどだった。

1位:2年連続13ゴール

ウイルソン(ブラジル)
生年月日:1985年3月21日
Jリーグ通算出場数:128試合
在籍時期:2012-16

 ベガルタ仙台の歴代外国人最多出場ランキング1位は、ウイルソンだ。5シーズンにわたって活躍し、128試合に出場した。

 ブラジル人のウイルソンは、コリンチャンスでキャリアを始め、イタリアのジェノアや中国の陝西宝栄でのプレーをへて、2012年にベガルタ仙台に加入。1年目と2年目はそれぞれ13ゴールを挙げた。3年目以降はなかなかゴール数を伸ばせなかったものの、コンスタントに出場を続けて5年間プレーしている。

 ウイルソンは2003年、U-18ブラジル代表の一員として仙台カップ国際ユースサッカー大会に出場。仙台とはその頃から縁があったのかもしれない。