29年目を迎えたJリーグでは、これまでにさまざまな選手がピッチに立ってきた。今回は、FC東京に所属した選手で最も多くJリーグの試合に出場した外国人選手を紹介する。※成績はJリーグ通算

——–

 FC東京の歴代外国人最多出場ランキングは、10人中9人がブラジル人だ。

 唯一違う国からの助っ人が、韓国人のチャン・ヒョンスだ。88試合に出場して7位となっている。

 現在所属のアダイウトンは8位。今季途中から横浜FCに期限付き移籍となったアルトゥール・シルバは10位だ。

10位
アルトゥール・シルバ(ブラジル)
生年月日:1995年4月26日
Jリーグ通算出場数:43試合
在籍時期:2019-21

9位
カボレ(ブラジル)
生年月日:1980年2月19日
Jリーグ通算出場数:55試合
在籍時期:2008-09

8位
アダイウトン(ブラジル)
生年月日:1990年12月6日
Jリーグ通算出場数:71試合
在籍時期:2020-

7位
チャン・ヒョンス(韓国)
生年月日:1991年9月28日
Jリーグ通算出場数:88試合
在籍時期:2012-13, 2017-19

6位
サンドロ(ブラジル)
生年月日:1973年5月19日
Jリーグ通算出場数:94試合
在籍時期:1999-2001