95位:ガンバ大阪の10番

 100億円を超える移籍金(契約解除金)も珍しくなくなった今日のサッカー界で市場価値の高い Jリーガーは誰なのか。今回フットボールチャンネル編集部は、データサイト『transfermarkt』が算出した市場価値ランキングの最新版を紹介する。※市場価値、成績は11月30日時点、価格が並んだ場合の順位はサイトに準拠

—————————–

MF:倉田秋(元日本代表/ガンバ大阪)
生年月日:1988年11月23日(33歳)
市場価値:85万ユーロ(約1億円)
2021リーグ戦成績:37試合1得点1アシスト

 2007年にトップチームに昇格した倉田秋は、同シーズンの第19節アルビレックス新潟戦でJ1デビュー。しかし、選手層の厚いチームの中ではなかなか出場機会を得ることが出来ず、2010年にジェフユナイテッド千葉にレンタル移籍した。ここでは開幕戦からゴールを決めるなど、主力としたリーグ戦29試合に出場。この1年は倉田にとって飛躍の年となった。

 さらに、翌年レンタル移籍したセレッソ大阪では自身初の二桁ゴールを記録した。2年間の武者修行で一気に評価を高めた倉田は、2012年にガンバ大阪に復帰。同年にチームはJ2に降格となったが、J1に復帰した2014年には史上初のJ1昇格クラブ1年目での国内三冠に貢献した。その後も活躍を続けたこのMFは、2015年に日本代表に初招集されている。

 2017年には10番を継承。ガンバ大阪に復帰後、チームを牽引してきた倉田は2018年に自己最高となる145万ユーロ(約1.74億円)を記録した。しかし、その後の市場価値は右肩下がり。ダウンが続いたこのMFの市場価値は、現在85万ユーロ(約1億円)となっている。今年で33歳を迎えたこのMFは、再び自身の市場価値を上昇させることが出来るだろうか。

94位:一度は復活したが…

FW:金崎夢生(元日本代表/名古屋グランパス)
生年月日:1989年2月16日(32歳)
市場価値:90万ユーロ(約1.1億円)
2021リーグ戦成績:6試合1得点0アシスト

 高校卒業後に大分トリニータに加入した金崎夢生は、2年目にはスタメンに定着。同クラブ最高順位となる4位に貢献すると、市場価値はいきなり185万ユーロ(約2.2億円)を記録した。プロデビュー後すぐに自身の評価を高めた金崎は、2010年に名古屋グランパスに加入。開幕戦からスタメンに抜擢されると、同クラブ史上初のリーグ優勝に貢献した。

 その後、Jリーグで目覚ましい活躍を見せた金崎は、2013年に1.FCニュルンベルク、ポルティモネンセに移籍。欧州リーグ進出を果たした。当時ポルトガル2部に所属していたポルティモネンセでは主力となり、結果を残していたが、市場価値は70万ユーロ(約8.4千万円)までダウン。約1年半に渡り活躍したが、2015年に鹿島アントラーズに期限付き移籍。Jリーグ復帰を決断した。

 2年ぶりに復帰したJリーグでは、2015シーズンにナビスコカップ(現YBCルヴァンカップ)優勝に貢献。リーグでは、自身初となるJリーグベストイレブンに選出された。さらに翌年には、リーグ優勝と天皇杯優勝の2冠に貢献。2年連続でタイトルを獲得し、再び評価を高めた金崎は、自己最高となる200万ユーロ(約2.4億円)を記録した。しかし、その後は再びダウンが続いた。今季は怪我の影響もあり、公式戦出場が12試合に止まったこのFWの市場価値は、90万ユーロ(約1.1億円)までダウンしている。

93位:J2でのような活躍は…

FW:一美和成(日本/徳島ヴォルティス)
生年月日:1997年11月10日(24歳)
市場価値:90万ユーロ(約1.1億円)
2021リーグ戦成績:
12試合2得0アシスト(ガンバ大阪)
18試合1得点0アシスト(徳島ヴォルティス)

 高校3年次、ロアッソ熊本の特別指定選手として登録された一美和成は、卒業後にガンバ大阪に加入。3年目となる2018シーズンの第21節、FC東京戦でトップチームデビューを果たした。しかし、1年目からガンバ大阪U-23での出場が主となっていた一美は、スタメンに定着することが出来ず、翌年に京都サンガに期限付き移籍した。

 京都サンガでシーズン序盤からスタメンの座を掴んだ一美は、J2でその才能が開花。J2リーグ戦36試合に出場し、17得点を決めた。目覚ましい活躍を見せ、自身初の二桁得点を記録したことで、このFWの市場価値は一気にアップ。1年で価格は約1.2億円アップし、自己最高となる120万ユーロ(約1.4億円)を記録した。

 翌年、横浜FCに期限付き移籍した一美は、今年1月にガンバ大阪に復帰した。しかし、復帰後もスタメンには定着することが出来ず、8月に徳島ヴォルティスに移籍を決断した。ここでは加入後すぐに出場機会を得たが、決めた得点は2点のみ。J1では京都サンガでのような活躍は出来ず、自己最高額からダウンしたこの男の市場価値は、90万ユーロ(約1.1億円)となっている。だが、再び輝きを取り戻すことが出来れば、自己最高額を更新する日も遠くはないだろう。

92位:Jリーグ屈指の偽サイドバック

DF:山中亮輔(日本/浦和レッズ)
生年月日:1993年4月20日(28歳)
市場価値:90万ユーロ(約1.1億円)
2021リーグ戦成績:24試合0得点3アシスト

 柏レイソルの下部組織出身の山中亮輔は、2012シーズン最終節の鹿島アントラーズ戦でJリーグデビュー。翌シーズンは出場機会を増やしたが、定位置を確保することは出来ず、2014年にジェフユナイテッド千葉に期限付き移籍した。ジェフユナイテッド千葉で出場機会を得た山中は、J2リーグ戦23試合に出場。J2で経験を積み、翌年柏レイソルに復帰した。

 復帰後は、当時チームを指揮していた吉田達磨監督に期待を寄せられたが、リーグ戦出場は11試合の出場に止まった。その後もスタメンに定着できなかったこのDFは、2017年に横浜F・マリノスに移籍。すると、ここで才能が開花した。内側側副靱帯損傷により開幕戦から出遅れたが、第15節でスタメンに抜擢されると、そのままスタメンに定着。2018年にアンジェ・ポステコグルー監督が就任すると、Jリーグ屈指の偽サイドバックに成長した。

 一気に評価を高めた山中の市場価値は、自己最高の130万ユーロ(約1.56億円)を記録した。2019年に加入した浦和レッズでも主力としてチームを支えているが、現在の市場価値は90万ユーロ(約1.1億円)までダウン。だが、同クラブが上位を保つことが出来れば、価格は再び上昇するだろう。

91位:4度の優勝に貢献しているが…

GK:チョン・ソンリョン(元韓国代表/川崎フロンターレ)
生年月日:1985年1月4日(36歳)
市場価値:90万ユーロ(約1.1億円)
2021リーグ戦成績:33試合23失点

 Jリーグ屈指のGK、チョン・ソンリョンは2005年に浦項スティーラースに加入した。同クラブでは定位置確保とはならなかったが、2008年に移籍した城南FCでは正GKとして活躍。同年には韓国代表にも初選出され、1月に行われたチリ代表との親善試合で代表デビューを果たした。

 正GKを務めた城南FCでは、2010年にクラブ史上初となるAFCチャンピオンズリーグ(ACL)優勝に貢献した。同年に韓国代表でも正GKとなったチョン・ソンリョンは、2012年に行われたロンドン五輪にオーバーエイジ(OA)として出場。韓国史上初となる銅メダル獲得に貢献している。その後、2011年に加入した水原三星ブルーウィングスで5年に渡りゴールマウスに君臨したこのGKは、2016年1月に川崎フロンターレにやってきた。

 Jリーグでも質の高いパフォーマンスを見せたチョン・ソンリョンは、2年目となる2017シーズンにクラブ史上初となるリーグ優勝に貢献。翌年2連覇を達成し、自身初となるJリーグベストイレブンに選出されると、このGKの市場価値は自己最高となる165万ユーロ(約2億円)を記録した。しかし、2019年はシーズン後半からパフォーマンスが低下。3連覇を逃すと、この男の市場価値もダウンしていった。翌年にはスタメンに返り咲き、再びリーグ2連覇に貢献したが、現在の市場価値は90万ユーロ(約1.1億円)までダウンしている。