20位:日本の守備の要

 100億円を超える移籍金(契約解除金)も珍しくなくなった今日のサッカー界で、最も高い市場価値を記録した日本人は誰なのか。今回フットボールチャンネル編集部は、データサイト『transfermarkt』が算出した最高市場価値ランキングを紹介する。※所属クラブは当時、価格が並んだ場合の順位はサイトに準拠

—————————–

DF:吉田麻也(サウサンプトン)
最高市場価値:700万ユーロ(約8.4億円)
更新日:2018年1月2日(当時29歳)

 2007年、当時18歳で名古屋グランパスのトップチームに昇格し、1年目からまずまずの出番を確保。2年目にはドラガン・ストイコビッチ監督の信頼を掴み、レギュラーに定着した。そして2009シーズン終了後には、活躍の場をオランダのVVVフェンロへ。ここでは加入当初こそ怪我の影響で出番を得られなかったが、2010/11シーズン途中より主力の一員となっている。

 ロンドン五輪終了後にはイングランドのサウサンプトンに移籍した。1年目はプレミアリーグ初挑戦ながら32試合に出場し、残留に貢献。2016/17シーズン終了後には地元紙『デイリー・エコー』主催のサウサンプトン年間最優秀選手投票で2位に輝いている。最終的に同クラブには8年在籍し、公式戦194試合出場という数字を残しているなど、確かな存在感を示した。

 VVVフェンロ退団時は125万ユーロ(約1.5億円)となっていた市場価値は、サウサンプトン加入後どんどんと上昇。そして2018年1月に、自己最高額となる700万ユーロ(約8.4億円)を記録した。その後2019年6月まで同額をキープし続けていた。

19位:日本屈指のテクニシャン

MF:乾貴士(ベティス)
最高市場価値:750万ユーロ(約9億円)
更新日:2018年7月16日(当時30歳)

 野洲高校卒業後に横浜F・マリノスに加入するも、ここでは満足いく出番を得られなかった。しかし、翌年移籍したセレッソ大阪で香川真司らと共に活躍したことで、日本屈指のアタッカーへと成長を遂げている。そして23歳の時にはドイツのボーフムへ渡って主力として活躍。その後フランクフルトでのプレーも経験した。

 2015年に加入したエイバルでは、3シーズンに渡り主力として活躍した。2016/17シーズンにはラ・リーガにおける日本人最多出場記録を更新し、最終節バルセロナ戦では2ゴールをマークと爆発。カンプ・ノウで得点を奪った日本人は乾貴士が初めてだった。そして翌2017/18シーズンにはラ・リーガで5得点2アシストを記録。評価をさらに高めることになった。

 そうした活躍もあり、乾は2018年夏、ベティスにステップアップすることが決定。さらにロシアワールドカップで存在感を示したこともあり、市場価値は同年に500万ユーロ(約6億円)から自己最高額となる750万ユーロ(約9億円)までアップすることになった。

18位:今や日本代表不動のスピードスター

MF:伊東純也(ヘンク)
最高市場価値:800万ユーロ(約9.6億円)
更新日:2021年6月7日(当時28歳)

 神奈川大学で活躍していた伊東純也は、大学卒業後の2015年にヴァンフォーレ甲府に加入。1年目からスタメンの座を奪うなど、持ち味を発揮した。そして翌年には柏レイソルに活躍の場を移しており、ここでも攻撃の核として活躍。2017シーズン終了後には、Jリーグ優秀選手賞を受賞している。

 2019年冬には初の海外挑戦を決断。ベルギーのヘンクへと旅立った。そして伊東は移籍後すぐに主力の一員となり、ストロングポイントであるスピードを活かして攻撃を活性化。翌2020年には完全移籍を掴み取り、2020/21シーズンのリーグ戦では10得点12アシストの成績を残すなど、ベルギーの地で着実に評価を高めている。今季も変わらずレギュラーとして奮闘中だ。

 当然ながら市場価値も右肩上がりである。ヘンク加入当時は200万ユーロ(約2.4億円)だったが、現在は自己最高額の800万ユーロ(約9.6億円)となっている。ただ、ベルギーでの活躍が続けばまだまだ上がっていくだろう。

17位:フランスで活躍したDF

DF:酒井宏樹(マルセイユ)
最高市場価値:800万ユーロ(約9.6億円)
更新日:2018年7月16日(当時28歳)

 柏レイソルの下部組織出身で、2009年に比嘉厚平、工藤壮人、武富孝介らと共にトップチームへ昇格した。加入当初はなかなか出番に恵まれなかったものの、2011シーズンに入り一気にブレイク。同シーズンはチームのJ1優勝に貢献し、Jリーグベストイレブン、さらにはJリーグベストヤングプレーヤー賞をダブル受賞することになった。

 こうしてJリーグを代表するDFとなった酒井宏樹は、2012年に移籍金120万ユーロ(約1.4億円)でドイツのハノーファーに加入。当初は慣れない環境への適応に苦しみ多くのプレータイムを得られなかったが、1年目の後半戦より起用頻度が増加。2年目にはレギュラー完全定着に成功していた。

 そして2016年、酒井はフランスの名門マルセイユへ移籍。ここではすぐに右サイドバックのファーストチョイスとなり、フランス代表FWフロリアン・トバンらと素晴らしい関係を築いた。2017/18シーズンにはクラブのヨーロッパリーグ(EL)準優勝に貢献。そのシーズン終了後、酒井の市場価値はキャリアハイの800万ユーロ(約9.6億円)にまでアップしていた。

16位:ドイツで愛された男

DF:内田篤人(シャルケ)
最高市場価値:900万ユーロ(約10.8億円)
更新日:2015年2月4日(当時26歳)

 2006年に鹿島アントラーズへ加入し、高卒ルーキーながら1年目でスタメンに定着。2008シーズンにはJリーグベストイレブンに選出され、史上初となるJ1リーグ3連覇に貢献するなど、内田篤人は瞬く間に日本を代表するサイドバックへと成長を遂げていた。

 そしてブラジルワールドカップ終了後、活躍の場をドイツのシャルケへ。ここでは加入から間もなくしてレギュラーに定着し、新天地1年目ながらDFBポカール制覇、チャンピオンズリーグ(CL)ベスト4進出などに貢献。日本人がCL準決勝の舞台に立つのは内田が初めてのことだった。その後も内田はシャルケで印象的なパフォーマンスを披露。現地では「ウッシー」としてとても愛されていた。

 鹿島退団時500万ユーロ(約6億円)だった市場価値は、シャルケ加入後に大きくアップ。2015年2月には自己最高額となる900万ユーロ(約10.8億円)を記録していた。ちなみに日本人DFの市場価値が10億円を超えたのは、当時インテルに所属していた長友佑都以来、2人目のことだったようだ。