バルセロナの前線補強が難航しているかもしれない。スペイン『マルカ』などが伝えている。

 フェラン・トーレスの獲得を決めたバルセロナは、1月の移籍市場でさらなる補強に動いている。しかし、ターゲットたちとの交渉はうまくいっていないようだ。

 バルセロナのターゲットの一人と言われているのはマンチェスター・ユナイテッドのFWエディンソン・カバーニだ。カバーニはユナイテッドでの出番に満足しておらず、バルセロナ行きを前向きに考えている。

 しかし、ラルフ・ラングニック監督は先日、「この数週間でかなりの回数、選手と話し合っているが、最も多く話しているのはおそらくカバーニだ」と発言。「今季終了までとどまることを切に願っていると伝えてある」と語り、「彼は私が絶対に手放す気がないと分かっているよ」と話していた。

 また、バルセロナはユベントスのFWアルバロ・モラタに対する関心も伝えられているが、こちらはユベントスのマッシミリアーノ・アッレグリ監督が5日の会見で否定。「彼以上のセンターフォワードを探す方が難しい。彼はユベントスに残る」と断言した。

 バルセロナは引き続き2人を狙うのだろうか。それとも、すでに異なるターゲット獲得に向けて動いているのだろうか。