パリ・サンジェルマンが来季の指揮官として、ジネディーヌ・ジダン氏を迎えるかもしれない。フランス『RMC』のダニエル・リオロ記者が音声配信サービスで語ったことをスペイン『AS』などが伝えている。

 同記者によると、「ジダンは遅くとも6月までにPSGの監督になるだろう」とのことだ。

 PSGでは、以前からマウリシオ・ポチェッティーノ監督とレオナルドSDの関係が良くないと言われている。そこで、昨季までレアル・マドリードを率いていたジダン氏の招へいに動いている模様だ。

 リオロ記者は、昨年夏にFWリオネル・メッシのPSG加入を最初に報じた一人とされているだけに、今後の展開に注目が集まる。