NEXTメッシ

 キリアン・ムバッペやアーリング・ハーランドを筆頭に、世界には数々の若きスター選手が存在する。既にトップチームで頭角を現し、世界中に認知されている選手もいるが、まだまだこれから出てくる逸材も数多くいる。ここでは、今まさに頭角を現しつつある若手選手をピックアップ。今回は20歳以下の選手を対象にアルゼンチンの逸材5人を紹介する。(ポジションは主に所属クラブのもの、市場価格は『transfermarkt』を参考)。

———————————-

FW:ルカ・ロメロ(U-17アルゼンチン代表/ラツィオ)
生年月日:2004年11月18日(17歳)
今季リーグ戦:1試合0得点0アシスト
市場価値:100万ユーロ(1.2億円)

 ラ・リーガに突如現れた神童、ルカ・ロメロは2015年にマジョルカの下部組織に加入した。同クラブで順調にキャリアを歩んでいたロメロは多方面から高い評価を受け、U-15アルゼンチン代表にも招集されている。同世代の中で非凡な才能を見せたこのFWは、19/20シーズン第29節のビジャレアル戦で初のベンチ入り。これを機にラ・リーガデビューを騒がれた同選手は、第31節のレアル・マドリード戦でトップチームデビュー。15歳219日でのデビューを飾ったこの男は、約80年ぶりにスペイン1部リーグの最年少出場記録を更新した。

 19/20シーズンに大記録を打ち立て、20/21シーズンにはスペイン2部リーグで6試合に出場したロメロは、2021年に新天地への移籍を決断。マウリツィオ・サッリ新監督を迎えたラツィオに加入した。小柄ながらボディバランスやボールタッチに長け、細かいタッチのドリブルで次々に相手DFを抜き去る。密集した局面を打開し、フィニッシュまで1人で持ち込めるこのレフティーのプレーは、まるでリオネル・メッシの様だ。昨年8月に行われた第2節のスペツィア戦でセリエAデビューを飾ったこの神童は、イタリアでその才能を開花させることが出来るだろうか。

アルゼンチンの至宝

MF:ティアゴ・アルマダ(アルゼンチン代表/CAベレス)
生年月日:2001年4月26日(20歳)
今季リーグ戦:20試合4得点4アシスト
市場価値:2000万ユーロ(24億円)

 アルゼンチンの至宝、ティアゴ・アルマダはわずか5歳でCAベレスの下部組織に加入。その頃からティアゴの才能は飛び抜けていた。2018/19シーズンには当時監督を務めていたアルゼンチンのレジェンド、ガブリエル・エインセにその才能を評価され、17歳にして開幕戦でトップチームデビュー。同シーズンにリーグ戦16試合に出場した。さらに翌年U-20アルゼンチン代表に選出されたこのMFは、2021年に行われた東京五輪にも出場している。

 サイドやトップ下を主戦場とするティアゴは、トップスピードでの正確なボールコントロールと切れ味鋭いドリブルで相手DFを翻弄。サイドから中に切り込んでのシュートやパスでゴールに絡み、高精度のプレースキックも蹴ることが出来るこのMFは、欧州の各主要クラブから注目を集めている。2021年11月に行われたカタールW杯南米予選に臨むアルゼンチン代表に初招集もされた同選手は、今後アルゼンチンを代表する選手となるだろう。

全てが高水準の逸材MF

FW:ファクンド・ファリアス(U-20アルゼンチン代表/CAコロン)
生年月日:2002年8月28日(19歳)
今季リーグ戦:22試合3得点3アシスト
市場価値:1300万ユーロ(15.6億円)

  2015年にCAコロンの下部組織に加入したファクンド・ファリアスは、ストライカーから攻撃的MFにコンバートされると一気に急成長。才能が開花したファリアスは徐々に頭角を現し、17歳の若さでトップチームデビューを飾った。昨年行われたコパ・デ・ラ・リーガ・プロフェッショナルでは、2得点4アシストの活躍でクラブの初タイトル獲得に貢献。すでにチームに欠かせない存在となっている同選手は、今季もここまでリーグ戦22試合にスタメン出場している。

 ファリアスのプレーは派手ではないが、基礎的な能力が全て高水準。強靭なフィジカル、卓越したテクニック、さらに高いキック精度を兼ね備え、攻撃的ポジションであればどこでもプレーすることが出来る。様々なプレーエリアで攻撃に変化を付け、ゴール前ではチャンスメイクだけでなく自らフィニッシュに持ち込むことも出来る同選手には、ユベントスやアタランタといったセリエAのクラブから熱視線を送られている。

東京五輪出場した若きファンタジスタ

FW:ペドロ・デ・ラ・ベガ(U-23アルゼンチン代表/CAラヌース)
生年月日:2001年2月7日(20歳)
今季リーグ戦:18試合1得点1アシスト
市場価値:620万ユーロ(7.4億円)

 地元クラブでサッカーキャリアをスタートしたペドロ・デ・ラ・ベガは、14歳の頃にCAラヌースの下部組織に加入。同クラブで評価を高めたベガは、2018年9月に行われたリーグ戦第5節のラシン・クラブ戦でトップチームデビューを果たした。同シーズンにリーグ戦16試合に出場し、2019年に行われたU-20南米選手権にも出場。17歳にして飛び級で招集されたこのFWは全試合に出場し、同大会で自らの実力を証明してみせた。その活躍により、同年5月に行われたU-20W杯にも出場している。

 昨年から10番を背負い、チームの中心となったベガは東京五輪にも出場。U-23アルゼンチン代表は惜しくもグループリーグ敗退となったが、同選手は全試合に出場した。多方向からのタックルにも動じないボディバランスを活かしたドリブルで局面を打開し、多くのチャンスを演出。さらに高精度のFKを蹴ることが出来るこのMFの才能は本物だ。アルゼンチンが誇る若きファンタジスタは、近いうちに欧州クラブへ引き抜かれても不思議ではないだろう。

NEXTディ・マリア

MF:マティアス・スーレ(アルゼンチン代表/ユベントス)
生年月日:2003年4月15日(18歳)
今季リーグ戦:2試合0得点0アシスト
市場価値:250万ユーロ(3億円)

 幼少期から類稀な才能を発揮したマティアス・スーレは11歳の頃にスカウトを受け、CAベレスに加入。同世代の中で実力が抜きん出ていたスーレはU-15リーグ優勝に貢献すると、U-16アルゼンチン代表にも選出された。順調にキャリアを歩んでいたこのMFは、16歳となる2019年には同クラブからプロ契約の提案されていた。しかし、同選手はCAベレスではなく、ユベントスへの移籍を決断。2020年にイタリアに渡り、ユベントスユースに加入した。

 独特なリズムから繰り出される軽やかなドリブルはまさに変幻自在。サイドで相手を翻弄し、どこからでもチャンスメイクが出来るスーレのプレーは、アンヘル・ディ・マリアを彷彿とさせる。イタリアでも非凡な才能を見せつけたこのMFは、18歳にして2021年11月に行われた、カタールW杯南米予選に臨むアルゼンチン代表に初招集。さらに同月にユベントスのトップチームデビューも飾った同選手は、将来を大きく期待される逸材だ。