40位:違約金72億円の男

100億円を超える移籍金(契約解除金)も珍しくなくなった今日のサッカー界で、最も高い市場価値を記録した日本人は誰なのか。今回フットボールチャンネル編集部は、データサイト『transfermarkt』が算出した最高市場価値ランキングを紹介する。※市場価値は1月4日時点。所属クラブは当時、価格が並んだ場合の順位はサイトに準拠

—————————–

FW:田中順也(スポルティング)
最高市場価値:350万ユーロ(約4.2億円)
更新日:2015年7月11日(当時27歳)

 順天堂大学在学中の2009年7月に特別指定選手として柏レイソルに登録された田中順也は、翌2010年に正式に柏に加入している。柏がJ1へと昇格した2011シーズンに不動のレギュラーに定着すると、J1でキャリアハイとなる13ゴールを記録。Jリーグ史上初となる昇格初年度でのJ1優勝に大きく貢献した。

 2012年には日本代表デビューを果たし、2013シーズンも自身二度目となるJ1での二桁ゴールを達成するなど着実に評価を高めた。すると、2014年6月29日にポルトガル屈指の強豪スポルティングへと完全移籍を果たすこととなった。ポルトガルのクラブは加入した際に違約金を高く設定する傾向があり、田中にも6000万ユーロ(約72億円)の違約金が設定された。

 加入当初こそ出場機会を確保することに苦労したが、第16節ブラガ戦の後半アディショナルタイムに決勝点となるFKを決めて以降、多くの試合で起用された。最終的に1年目は公式戦28試合で7得点6アシストと結果を残し、2014/15シーズン終了後には市場価値が自身最高額となる350万ユーロ(約4.2億円)まで上昇した。

39位:様々なポジションでプレー可能な守備職人

MF:細貝萌(レバークーゼン)
最高市場価値:350万ユーロ(約4.2億円)
更新日:2013年1月13日(当時26歳)

 2005年に浦和レッズでプロデビューを飾った細貝萌は、本職のボランチ以外にもCBやSBでもプレーできるユーティリティー性が買われてあらゆるポジションで試合に出場した。デビュー4年目の2008シーズンよりボランチのレギュラーの座を掴むと、2010年9月に代表監督に就任したアルベルト・ザッケローニの下では日本代表の常連となった。

 所属クラブ、そして代表でも試合に出場し始めた細貝は、2010シーズン終了後にドイツ、ブンデスリーガに所属するレバークーゼンへと完全移籍を果たした。レバークーゼン加入と同時に12年夏までの1年半はブンデスリーガに所属するアウクスブルクへとローン移籍することとなり、2011/12シーズンはリーグ戦で32試合に出場した。

 アウクスブルクへの1年半に渡るローン移籍よりレバークーゼンに復帰した2012/13シーズンは、主力の負傷離脱もあり左SBのレギュラーに定着。前半戦終了時点で12試合に出場し、市場価値は13年1月に自身最高額となる350万ユーロ(約4.2億円)まで上昇した。

38位:22歳でJリーグMVPに輝いた男

MF:三都主アレサンドロ(浦和レッズ)
最高市場価値:350万ユーロ(約4.2億円)
更新日:2005年6月14日(当時27歳)

 ブラジル生まれブラジル育ちの三都主アレサンドロは、1994年に明徳義塾高校に入学するために来日。高校卒業後、練習生の期間を経て1997年に清水エスパルスに加入した。1999シーズンに左MFのレギュラーに固定されると、1stステージ、2ndステージ合わせて11ゴールを決め、当時22歳という若さでJリーグ年間最優秀選手賞を受賞した。

 2001年11月に日本国籍を取得して以降、日本代表の常連となり、2002年に行われた日韓ワールドカップにも出場している。2004年に当時の国内最高額となる移籍金で浦和レッズに完全移籍すると、浦和でも左MFのレギュラーに定着し、1年目から2004シーズンのJ1リーグ2ndステージの優勝に大きく貢献した。

 そしてJ1の2ステージ制から1ステージ制に移行した2005シーズンの途中に三都主アレサンドロ の市場価値は自身最高額となる350万ユーロ(約4.2億円)まで上昇。その後、07年1月にオーストリアのザルツブルクへと移籍するまでこの価格をキープしていた。

37位:ドイツで初めてハットトリックを達成した日本人

FW:高原直泰(フランクフルト)
最高市場価値:350万ユーロ(約4.2億円)
更新日:2007年6月21日(当時28歳)

  1998年にジュビロ磐田に加入した高原直泰は、デビュー2年目の1999シーズンより3季連続で公式戦二桁ゴールを達成した。ボカ・ジュニアーズへの半年間の期限付き移籍から磐田に復帰した2002シーズンは、J1で26ゴールを決め得点王とJリーグ年間最優秀選手賞、ベストイレブンと個人タイトルを総なめした。

 そして03年1月にドイツ、ブンデスリーガに所属ハンブルガーSVへと完全移籍を果たす。1シーズン目は3ゴール、2シーズン目は2ゴールと得点を量産することはできなかったが、連続無失点記録を継続していたバイエルンのオリバー・カーンからゴールを奪うなど要所要所で印象的な活躍を披露した。

 06年夏にフランクフルトへと活躍の場を移すと12月に行われたアレマニア・アーヘン戦でハットトリックを達成。ブンデスリーガにおけるハットトリックは日本人史上初の快挙だった。結果的に2006/07シーズンはリーグ戦で11ゴールを決め、シーズン終了後に高原の市場価値は自身最高額となる350万ユーロ(約4.2億円)まで上昇した。

36位:ワールドカップで活躍したCB

DF:昌子源(トゥールーズ)
最高市場価値:380万ユーロ(約4.6億円)
更新日:2019年1月5日(当時26歳)

 2011年に鹿島アントラーズに加入した昌子源は、翌2012シーズンにJ1デビューを飾っている。不動のレギュラーに定着した2014シーズンはJ1で全試合出場を達成し、植田直通と堅いCBコンビを築き上げた。鹿島では2016シーズンのJ1優勝や2018シーズンのAFCチャンピオンズリーグ(ACL)制覇などのタイトル獲得に大きく貢献した。

 J1で評価を高めた昌子は2015年3月には日本代表デビューを果たし、2017年末に行われたEAFF E-1フットボールチャンピオンシップでは全3試合に主将として出場した。そして2018年に開催されたロシアワールドカップに臨む日本代表デビューに招集され、ワールドカップ前最後の試合で槙野智章に代わってスタメン起用されると、本大会でもレギュラーとしてプレー。初戦のコロンビア戦ではラダメル・ファルカオを見事に封じ込め、国内外から賞賛の声が上がった。

 ワールドカップから半年後の2018年12月末にフランス、リーグ・アンに所属するトゥールーズへの完全移籍が発表された。前述した通り、2018年に鹿島はACLを制しており、こうした活躍からリーグ・アンデビューを果たす前の2019年1月5日に市場価値は自身最高額となる380万ユーロ(約4.6億円)に到達した。
【了】