リバプールのFW南野拓実が、レジェンドの肩を並べるチャンスを迎えている。リバプール専門メディア『ディス・イズ・アンフィールド』が伝えた。

 リバプールは13日、カラバオカップ準決勝でアーセナルと対戦する。アーセナルは南野にとって相性の良い相手で、2020年コミュニティー・シールドのアーセナル戦がリバプールでの初ゴールだった。以降、リーグカップ5試合で6ゴールを決めている。

 南野は現在、リーグカップで3試合連続ゴール中。この記録を4試合に伸ばすと、レジェンドたちに並ぶことになる。

 リバプールで過去にカップ戦4試合連続ゴールを決めている選手は、ケニー・ダルグリッシュ(1980年)、イアン・ラッシュ(1982年)、スティーブ・マクマホン(1986年)、ウラジミール・シュミチェル(2001年)の4人。先発出場が噂される南野は、5人目になるチャンスだ。