スコティッシュ・プレミアシップ第21節、セルティック対ハイバーニアンが現地時間17日に行われ、2-0でセルティックが勝利した。旗手怜央とともに先発出場した前田大然は、開始わずか4分に先制ゴールを決めた。

 あっという間の初ゴールだった。セルティックは右サイドでボールを奪うと、トム・ロギッチを経由してゴール正面の前田にパスが渡る。前田はダイレクトで右足を振り抜き、ゴールが決まった。

 横浜F・マリノスでもたびたび見るようなハイプレスからのショートカウンターだった。前田がゴール前で完全にフリーになっていたのは、ゴールチャンスを見逃さない準備の賜物と言えるだろう。そして、前田から見て左側に飛んだGKをあざ笑うかのように、前田はゴール右へと蹴りこんでいる。Jリーグ得点王という最強の称号を手にした男は、マリノス時代と変わらぬゴール前での冷静さを見せた。

 前田と同じくデビュー戦となった旗手は、この試合のマンオブザマッチに選ばれる活躍を見せ、井手口陽介は旗手と交代でピッチに立っている。古橋亨梧は欠場となったが、この冬に加入した3人はスコットランドで新たなスタートを切ることができた。