バルセロナのFWウスマン・デンベレの去就が注目を集めている。英『ミラー』は、プレミアリーグのクラブで獲得の可能性がある3クラブの名前を挙げた。

 バルセロナとの契約延長交渉が難航していたデンベレ。フットボールディレクターのマテウ・アレマニーは20日、1月の移籍市場で同選手を放出したいという意思を明言した。

 今季で契約満了となるデンベレは、夏まで待てばフリーで新たなクラブへ行くことができる。バルセロナは、1月中に放出するために、大幅な減額に応じることも考えられそうだ。

『ミラー』は、プレミアリーグで最もデンベレ獲得の可能性があるクラブとして、ニューカッスル、マンチェスター・ユナイテッド、アーセナルの3つを挙げた。

 資金力で最も優位に立っているのはニューカッスルで、これまでの報道によると、年俸1500万ユーロ(約19億円)の5年契約を用意していることが伝えられていた。ただ、残留争いのクラブにデンベレが行きたがるかという点で疑問は残る。

 ユナイテッドは過去にもデンベレ獲得を望んだクラブ。2020年夏に同選手の移籍についてバルセロナと交渉していた。当時は破談に終わったものの、この機会に再び動くかもしれない。

 アーセナルは、FWピエール=エメリク・オーバメヤンがチームから外れており、FWアレクサンドル・ラカゼットも現行契約が今季まで。前線補強の必要があるため、デンベレ獲得に動いても不思議ではない。

 デンベレはこの冬にバルセロナを離れるのか、それとも半年間待つのか。今後の動きに注目だ。