ユベントスは28日、フィオレンティーナのFWドゥシャン・ヴラホビッチ獲得を決めることになりそうだ。イタリア『ガゼッタ・デッロ・スポルト』などが大々的に伝えている。

 ヴラホビッチは、今季のセリエAで17ゴールを記録している21歳のセルビア代表FW。ラツィオのチーロ・インモービレと並んでリーグの得点ランクで首位を走っている。

 成長著しいヴラホビッチについて、フィオレンティーナは以前から契約延長を打診していたものの、良い返事は得られなかった。そして昨年10月、クラブが契約更新断念を宣言。争奪戦が始まっていた。

 当初は契約期間が残り1年となる今季終了後の移籍が噂されていたヴラホビッチだが、以前から関心を持っていたユベントスがこの数日で猛プッシュ。FWフェデリコ・キエーザが今季絶望、FWパウロ・ディバラの去就も不透明なユベントスが一気に獲得に向かっている。

 報道によると、クラブ間の交渉は27日までに完了。移籍金は7000万ユーロ(約90億円)にボーナスとして最大500万ユーロ(約6.5億円)が上乗せされる模様だ。

 ヴラホビッチは28日にユベントスのホームタウンであるトリノに到着予定。メディカルチェックを受けたあと、契約書にサインをするものと予想されている。