●21/22シーズン欧州最悪…失敗補強は? ガッカリ度ランキング5位

 年々移籍金が高騰する中、今季も数々の著名な選手が移籍している。しかし、期待通りの活躍を見せた選手もいれば、期待を裏切った選手も少なくない。ここでは、21/22シーズン中に5大リーグ(イングランド、スペイン、イタリア、ドイツ、フランス)に移籍した選手の今季のパフォーマンスを評価。移籍金やこれまでの実績に見合う活躍ができなかった5名をランキング形式で紹介する。※成績は4月23日時点、移籍金などのデータは『transfermarkt』を参照

————————————–

5位:レオン・ベイリー(ジャマイカ代表/アストン・ビラ)
生年月日:1997年8月9日
移籍金:3200万ユーロ(38.4億円)
21/22リーグ戦成績:17試合1得点2アシスト

 レバークーゼンで輝きを放ったスピードスターは、初のプレミアリーグの舞台で苦戦している。アストン・ビラは21年夏にマンチェスター・シティに去ったジャック・グリーリッシュの穴を埋めるための手段の1つとしてレオン・ベイリーを3200万ユーロ(約38.4億円)の移籍金で獲得した。

 デビュー戦となった開幕戦のワトフォード戦で移籍後初アシスト、ホームデビュー戦となった第5節エバートン戦では移籍後初ゴールと出だしは快調だった。しかし、このエバートン戦でハムストリングを負傷すると以降調子を落とし、第15節マンチェスター・シティ戦でハムストリングの負傷を再発させた。

 ベイリーを獲得した当時の指揮官であるディーン・スミスは、ベイリーをはじめアンワル・エル・ガジら独力突破型のウインガーを好む人物だったが、前任者に代わり11月に監督に就任したスティーブン・ジェラードはフィリップ・コウチーニョやエミリアーノ・ブエンディアといったクリエイティブな2列目の選手を好む傾向があり、その結果序列を落としている。ジェラード就任後はわずか3試合の先発出場に留まっていることから、早くも夏の放出候補にも挙げられている。かつてはイングランド代表入りも噂されたスピードスターは1年でプレミアリーグを去ってしまうことになるのだろうか。

21/22シーズン最悪…失敗補強は? 欧州ガッカリ移籍5人。異国の地で苦戦する世界最高の男、怪我に悩まされるスペインの名手も
期待外れ…。21/22シーズン最悪の補強は? 欧州ガッカリ移籍5人。プレミア史上最高額の10番、 すでに退団が囁かれるFWとは?
21/22シーズン最高! 大成功補強は? 欧州ベスト移籍5人。落ち目かと思われていたFW、冬加入で即フィットしたアタッカーも