アーセナルのFWニコラ・ペペが、今夏の移籍を望んでいるようだ。英『フットボール・ロンドン』が伝えている。

 26歳のペペは、今季プレミアリーグで19試合に出場。1ゴール1アシストという数字だ。

 コートジボワール代表のペペは、2019年夏にクラブ史上最高額の7200万ポンド(約114億円)でアーセナルの一員になったが、プレミアリーグで大苦戦。金額に見合う活躍を見せられていない。

『フットボール・ロンドン』によると、ペペは今夏の移籍に向けて、新しい代理人と契約。関心を持つクラブとの交渉を始めるように依頼しているという。

 アーセナルはペペの移籍金を2500万ポンド(約40億円)程度に設定したとされている。もちろん獲得した際に投じた額を考えると大損ではあるが、アーセナルは今夏の移籍市場で新たなストライカーを探しており、そのためにもペペの放出先を見つけることは重要かもしれない。