サッカー日本代表は6月にキリンチャレンジカップ2022、キリンカップサッカー2022を控えており、4カ国との試合が予定されている。久保建英は日本代表メンバーとして、この強化試合に臨むこととなった。その久保は、2022年1月に行われたコパ・デル・レイ(国王杯)4回戦、エスパニョール戦で完璧なFKからゴールを奪った。

  味方がペナルティーエリア手前でファウルを受けると、マジョルカはゴールから20mほどの距離でFKを得る。サルバ・セビージャら味方選手もボールに近寄ってきたが、最終的にこのFKを任されたのは久保だ。左足から放たれたキックはコース、スピードともに完璧。相手の壁を越えて鋭く曲がり、ゴール右隅に決まった。
 
 現在の日本代表に頼れるプレースキッカーがいない中、この日本代表MFの左足から放たれるシュートは精度が非常に高い。6月の強化試合でも、FKやCKから久保が起点となって得点を奪うことはできるのだろうか。