欧州サッカー連盟(UEFA)は2021/22シーズンのヨーロッパリーグ(EL)ベストイレブンを選出し、30日に発表を行った。優勝したフランクフルトから最多の4人が選ばれている。

 フランクフルトは今月18日に行われたEL決勝でスコットランドのレンジャーズをPK戦の末に下して初優勝を飾った。そのフランクフルトからはGKケビン・トラップ、DFマルティン・ヒンターエッガー、MFフィリップ・コスティッチ、FWラファエル・ボレの4人がベストイレブンに選ばれている。

 だが、鎌田大地と長谷部誠の日本人選手2人はいずれもベストイレブン入りならず。鎌田は準決勝1stレグでの決勝点などを含めてチーム最多の5得点を記録しながらも選外となった。

 準優勝のレンジャーズからは3人を選出。サイドバックながらも大会得点王に輝いたジェームズ・タヴァーニアーのほか、DFカルバン・バッシーとFWライアン・ケントが選ばれている。

 その他にはウェスト・ハムからDFクレイグ・ドーソンとMFデクラン・ライス、RBライプツィヒからMFコンラート・ライマーとFWクリストファー・エンクンクの各2人がベストイレブン入り。準決勝以上に進んだ4チームの選手たちが11人全てを占めることになった。

ELベストイレブン
▽GK
ケビン・トラップ(フランクフルト)

▽DF
クレイグ・ドーソン(ウェスト・ハム)
マルティン・ヒンターエッガー(フランクフルト)
カルバン・バッシー(レンジャーズ)

▽MF
ジェームズ・タヴァーニアー(レンジャーズ)
コンラート・ライマー(RBライプツィヒ)
デクラン・ライス(ウェスト・ハム)
フィリップ・コスティッチ(フランクフルト)

▽FW
クリストファー・エンクンク(RBライプツィヒ)
ラファエル・ボレ(フランクフルト)
ライアン・ケント(レンジャーズ)