●一進一退の攻防

 UEFAネーションズリーグAグループ3第1節、イタリア代表対ドイツ代表が現地時間4日行われた。試合は1-1の引き分けに終わったが、ドイツ代表は就任から1年経たずしてハンジ・フリック新監督の志向するサッカーのスタイルがチームに浸透していた。しかし、ワールドカップを勝ち抜くためには、ゴール前の迫力が少なすぎた。(文:安洋一郎)

 カタールワールドカップ出場を逃したイタリア代表と11月に本大会が控えているドイツ代表。UEFAネーションズリーグAグループ3の初戦で相まみえた両チームは、「どこに強さのピークを持ってくるか」という視点では強化のアプローチの方法が違う時期に差し掛かっている。

 それはスタメンの構成にも違いが表れており、ロベルト・マンチーニ率いるイタリア代表は2年後のユーロ(欧州選手権)と4年後のワールドカップに向けたチーム作りが始まっている。マンチーニ監督はまだ代表経験の浅いアレッサンドロ・バストーニやサンドロ・トナーリ、ダヴィデ・フラッテージ、ジャンルカ・スカマッカといった選手を先発に抜擢している。

 一方、ハンジ・フリック率いるドイツ代表は、マヌエル・ノイアーやヨシュア・キミッヒ、トーマス・ミュラーら指揮官がかつて率いたバイエルンの選手を中心に据えた現状のベストメンバーで今節に臨んだ。

 試合はイタリア、ドイツ共に前線からプレスに行くアグレッシブなサッカーを展開。70分までスコアレスだったが、今節が代表デビューだったウィルフリード・ニョントの仕掛けとクロスからロレンツォ・ペッレグリーニのゴールが生まれ、イタリアが均衡を破った。だが、その直後にキミッヒのゴールでドイツが追いつくなど、90分を通して一進一退の攻防が続くゲームとなった。

 試合はこのまま1-1で終了。引き分けとなったが、内容面では両チーム共に「展開したいサッカーのスタイル」や「選手起用」で成果が出ており、価値のあるドローとなっている。

 2大会ぶりのワールドカップ優勝を目指すドイツ代表が、この試合でみせた本大会までに仕上げたい「自分たちのスタイル」とは何だったのだろうか。

●ドイツの狙いとは?
 
フリック率いる現在のドイツ代表はヨアヒム・レーヴが率いていたユーロ2020までの代表チームとは異なり、「ハイプレス・ハイライン」の現代サッカーのトレンドを取り入れたサッカーを展開している。SBのポジションに入ったベンジャミン・ヘンリヒス、ティロ・ケーラーの両選手も相手SBのところまで捕まえにいくなど強度の高いハイプレスを徹底していた。

 この前線からの守備に対し、イタリア代表は最終ラインからのビルドアップに苦戦。細かいパスではドイツのプレスをはがせなかったため、スカマッカを裏に走らせ、そこにロングボールを送る形が増えた。左SBのケーラーは若干ラインコントロールに苦戦していたが、計7回のオフサイドを記録するなど守備の形はドイツの狙い通りとなっていた。

 一方の攻撃はイタリアの守備の陣形が整う前に完結する速攻を仕掛け、ティモ・ヴェルナーやニャブリ、サネらのスピードを活かしたプレーが目立った。また、彼らで深さを取り、バイタルでフリーとなったゴレツカやキミッヒがミドルシュートを放ち、ゴールに迫る場面も多かった。

 今節は1-1のドローとなったが、フリック監督が志向するサッカーのスタイルはチームとしては既に浸透しつつあり、指揮を執り始めてから1年足らずでチームが目指す方向性は明快になっていた。

●今のドイツ代表に足りないものとは?

 チームとしての方向性が定まっていた中で気になったのがヴェルナーのプレーだ。裏抜けやサイドに流れてからの仕掛けなど彼の持ち味が発揮されていた場面も多かったのだが、肝心なボックス内での仕事は全くできていなかった。

 今節も何度かサイドからのクロスがヴェルナーの下へと渡ったが枠内シュートはおろか、1本もシュートを打てずに試合は終了している。フル出場してシュート0本は最前線で出場した選手としては明らかに物足りないだろう。

 他の代表チームであれば、ヴェルナーは交代、もしくは追加でFWがピッチに投入されるだろうが、結果はヴェルナーは交代とならず、追加でFWが投入されることもなかった。というのも、今のドイツ代表にはかつてドイツ代表の最前線に君臨したミロスラフ・クローゼやマリオ・ゴメスのようなボックス内で得点を量産できるタイプの選手がいないのだ。それはブンデスリーガの得点ランキングを見ても明らかで、今季ドイツ人で最もゴールを決めていたのはセルジ・ニャブリの14ゴール、次にヨナス・ホフマンの12ゴールとサイドを主戦場とする選手が1位、2位と続いている。

 また、フリック監督がかつて率いたバイエルン・ミュンヘンにはロベルト・レヴァンドフスキがいた。今のドイツ代表には彼のようなストライカーがいないのだ。

 こうしたストライカー不足が懸念されている中で先日行われた会見でフリック監督が注目の発言をしている。それは今季2部のシャルケで30ゴールを決め、得点王に輝いた34歳のシモン・テロッデ招集の可能性についてだ。192cmという身長とボックス内での強さは今のドイツ代表にいないタイプのストライカーであり、年齢関係なしに、来季1部で活躍した場合は代表に招集する可能性を示唆している。

 今節は同点ゴールを奪った場面ではエリア内までキミッヒが上がっていたが、それ以外の場面ではボックス内で驚異を感じた場面はほとんどなかった。ヴェルナーやアデイェミらスピード系のFWとは違い、ボックス内で強さを発揮するテロッデのようなタイプの選手もオプションとして本大会に向けては招集を検討するべきだろう。

(文:安洋一郎)