●4年7ヶ月ぶりのブラジル代表戦

 サッカー日本代表は6日、キリンチャレンジカップ2022でブラジル代表と対戦する。FIFAカタールワールドカップに向けたテストマッチ4連戦の中で最も重要と位置付けられるこの一戦で、森保一監督率いる日本代表はどのようなパフォーマンスを披露するだろうか。

 6月のテストマッチ4連戦の中で最も重要な一戦と言えるだろう。森保一監督率いる日本代表は、ブラジル代表と激突する。

 言わずもがな、ブラジル代表は超強敵だ。現在のFIFAランキングは1位。ネイマール、ヴィニシウス・ジュニオール、カゼミーロ、アリソンなど、各ポジションに揃える選手は実に豪華である。2日に行われた韓国代表との親善試合では圧倒的力の差をみせつけ5-1で大勝。良い感触を掴んだまま日本にやって来たのは間違いないだろう。

 ちなみに日本代表はこれまでブラジル代表と12回対戦しているが、1度も勝てたことはない(2分10敗)。マッチアップは4年7ヶ月ぶりとなるが、今回も相当タフなゲームになることは容易に想像できる。

 いずれにしても、日本代表にとってブラジル代表は、今の実力を試す絶好の相手であることは確かだ。もちろん、現状考えられるベストメンバーで臨むべきだろう。では、ここからはスタメン案を紹介していく。

 GKはファーストチョイスとして7大会連続7回目のワールドカップ出場に貢献した権田修一。ブラジル代表戦では今まで以上に出番が増えることになるはずだが、どこまでその攻撃を跳ね返せるか注目したい。

 センターバックは吉田麻也と冨安健洋のコンビが本来ベストだが、後者はコンディションが万全ではない。そのためこの試合では吉田と板倉滉の起用を推薦する。2人は欧州での経験値が十分。また、タフなゲームが続いた東京五輪でもほとんどの試合でコンビを組んでいたため、連係面の不安も少ない。

 左サイドバックには伊藤洋輝を推す。パラグアイ代表戦で日本代表デビューを果たしたレフティーは、同ポジションで非凡なパフォーマンスを披露していた。その試合でフル出場したため疲労の面は考慮する必要があるかもしれないが、やはりブラジル代表相手にどこまで出来るかはぜひ見ておきたいところ。ここでも力を示すようならば、日本代表にとっても大きな収穫となる。

 右サイドバックは手薄だ。酒井宏樹が不在で、菅原由勢はすでに怪我でチームを離れており、冨安も万全な状態ではない。

 長友佑都の右SB起用も話題となっているが、ここではパラグアイ代表戦同様に山根視来を推したい。守備面に若干の不安があるかもしれないが、だからこそ使う理由がある。世界のトップレベルを経験することは、まだまだ成長過程にある山根にとって大きなプラスになるはずだ。また、カウンターに出た際の仕事ぶりは、やはり長友よりも山根の方が期待できるだろう。

●パラグアイ戦のMOM候補をもう一度

 アンカーは遠藤航だ。パラグアイ代表戦は前半のみの出場となったが、それでも攻守において抜群の存在感を示していた。ブラジル代表の攻撃を封じるためにも、当然ながら“デュエルキング”の力は必要となる。

 インサイドハーフの1枚はパラグアイ代表戦で強烈なミドルシュートを沈めた田中碧。同選手の豊富な運動量を駆使した献身的な守備と的確なパス捌きは、中盤を安定させるために必要となってくるだろう。

 そしてインサイドハーフのもう1枚は原口元気だ。2日のパラグアイ代表戦では繊細なパスから2アシストを記録。さらに守備ではSBのカバーを的確に行い、ボールホルダーには粘り強く食らい付いて自由を奪うなど、MOM級の輝きを放っていた。守田英正の状態が不透明の中、ブラジル代表戦でも期待したい。

 右ウィングは伊東純也だ。FIFAワールドカップカタール2022・アジア最終予選で爆発した同選手は今や日本のエースにして武器。最大のストロングポイントである圧倒的なスピードは、よりカウンター重視になるであろうブラジル代表戦で当然ながら必要となってくる。スタメンから外す理由は見当たらない。

 大迫勇也不在のCFは古橋亨梧。セルティックで印象的な活躍を披露した同選手の特長はフィニッシュワークの上手さ、決定力の高さ、そしてスピードだ。伊東同様、相手の背後を突くという面では、ピカイチなピースである。ブラジル代表を前に結果を残し、一気にCFの序列を覆したいところである。

 左ウィングは基本的に南野拓実が担ってきたが、ここまでハマっているとは言い難い。ブラジル代表戦でいきなり改善できる可能性も限りなく低いだろう。

 そこでスタメンに推すのは三笘薫だ。2日のパラグアイ代表戦で示した通り、やはり同選手のキレの良いドリブルは相手にとって脅威になるし、南野よりは崩しの可能性を感じさせてくれる。また、ベルギーの地でウィングバックを担ったことで守備面も成長した。カタールW杯優勝候補の1つであるブラジル代表相手に、ぜひ試したい選手の1人であることは間違いないだろう。