リオネル・メッシやキリアン・ムバッペ、ネイマールらを擁するスター軍団の新監督に、ジョゼ・モウリーニョ氏が就任する可能性もあるのだろうか。ローマからパリ・サンジェルマン(PSG)へ移る可能性が一部で噂となっている。

 今季リーグアンでは危なげなく優勝を飾ったPSGだが、悲願のチャンピオンズリーグ優勝にはまたも届かず。マウリシオ・ポチェッティーノ監督は以前から解任の可能性が噂され、新監督の人選についても様々な憶測が飛び交っている。

 ジネディーヌ・ジダン氏や現トッテナムのアントニオ・コンテ監督などもPSGの次期監督候補として噂されてきたが、新たな候補も浮上。英紙『テレグラフ』は、PSGがモウリーニョ監督を候補リストに加えたと報じている。

 数々のビッグクラブ監督を歴任してきたモウリーニョ氏は今季からローマの監督に就任。1年目のシーズンをセリエAで6位という成績で終えるとともに、ヨーロッパカンファレンスリーグ(ECL)では初代王者に輝き、ローマに61年ぶりの国際タイトルをもたらした。

 モウリーニョ監督の去就について、イタリア『スカイ』は英国発の噂を否定し、「PSG行きはない。100%ローマに残る」と見解を示した。一方『ガゼッタ・デッロ・スポルト』紙は、「ローマは彼の続投を疑っていない」としながらも、「PSGが相手では絶対ということはない」とも述べている。