●韓国相手に完封勝利

 サッカーU-21日本代表は12日、AFC U-23アジアカップ・ウズベキスタン2022で韓国代表と対戦し、3-0で勝利。この試合で大岩ジャパンのパフォーマンスはどうだったのだろうか。

—————————–

【U-21日本 3-0 U-23韓国 AFC U-23アジアカップ】

鈴木彩艶 7.0 ハイボール処理は完璧。勇気を持った積極的な飛び出しで最終ラインを助けていた
半田陸 6.5 相手の多彩な仕掛けにも粘り強く対応。カバーリングも的確だった
馬場晴也 6.5 ボックス内でよく体を張った。前半には高精度のロングパスからチャンスも作った
チェイス・アンリ 6.0 やや危険な対応も見られたのは事実だが、対人の強さは光っていた
加藤聖 6.0 攻撃にはあまり絡めず。しかし守備では奮闘し、相手に大きな仕事を与えなかった
山本理仁 6.5 豊富な運動量武器に攻守で奮闘。後半には右足シュートブロックでチームを救った
藤田譲瑠チマ 7.5 存在感は抜群。ボールをよく奪い、巧みな1タッチパス等で中盤を落ち着かせた
藤尾翔太 6.0 それほど大きな存在感はなかったが、何度かチャンスには絡んでいた
鈴木唯人 8.0 文句なしのMVP。2得点を奪い、さらに細谷真大のゴールのキッカケも生んだ
斉藤光毅 5.5 持ち味であるドリブルはあまり生きず。相手の右サイドを困らすには至らなかった
細谷真大 7.0 良い動き出しから何度も決定機を迎える。65分には鋭い反応で待望の得点を奪った

佐藤恵允 6.5 攻撃時のプレー機会は限られたが、守備面での働きでチームを助けていた
内野貴史 6.5 80分に鈴木唯人の得点をアシスト。無失点にも貢献した
松岡大起 - 出場時間短く採点不可
松木玖生 - 出場時間短く採点不可
中島大嘉 - 出場時間短く採点不可

大岩剛 6.5 韓国相手に3発快勝。最後まで強度を落とさず、収穫だらけの90分になった