明治安田生命J2リーグ第22節およびJ3リーグ第13節の試合が18日から19日にかけて各地で行われる。18日土曜日にはJ2で9試合、J3で4試合が開催された。

 J2ではアルビレックス新潟とともに三つ巴の首位争いを演じているベガルタ仙台と横浜FCが直接対決。開始直後にサウロ・ミネイロのゴールで先制したアウェイの横浜FCが1点リードで折り返す。

 後半には仙台も中山仁斗が決めて一旦は同点としたが、小川航基の今季13点目と松浦拓弥のゴールで横浜FCが突き放す。ファギーニョにもう1点を返されながらも3-2で勝利した横浜FCが暫定首位に浮上して明日の新潟の結果を待つことになった。

 ファジアーノ岡山は後半AT弾でFC琉球に劇的勝利を収めて3連勝で4位をキープ。ザスパクサツ群馬に2-0の勝利を収めたV・ファーレン長崎がモンテディオ山形を抜いて暫定5位に浮上を果たした。

 下位では21位いわてグルージャ盛岡が徳島ヴォルティスに1-0の勝利。ジェフ千葉と引き分けた20位大宮アルディージャと勝ち点で並び、降格ラインを挟んだ争いも大接戦となっている。

▽J2第22節(18日)
千葉 1-1 大宮
岩手 1-0 徳島
仙台 2-3 横浜FC
栃木 1-1 大分
東京V 3-0 山口
熊本 0-0 水戸
山形 0-1 甲府
岡山 1-0 琉球
長崎 2-0 群馬

 J3では2位の鹿児島ユナイテッドFCが最下位Y.S.C.C.横浜と対戦し、ロメロ・フランクの2得点などで3-0の勝利。暫定で首位に再浮上している。

 3位の松本山雅FCは愛媛FCとのアウェイゲームを落として10試合ぶりの黒星。FC岐阜は福島ユナイテッドFCに、カマタマーレ讃岐はSC相模原にそれぞれアウェイで1-0の勝利を収めた。

▽J3第13節(18日)
福島 0-1 岐阜
相模原 0-1 讃岐
愛媛 3-2 松本
鹿児島 3-0 YS横浜