【U-21日本 3-0 U-23オーストラリア AFC U-23アジアカップ】

 AFC U23アジアカップ・ウズベキスタン2022、3位決定戦のU-21日本代表対U-23オーストラリア代表戦が18日に行われ、U-21日本代表が3-0で勝利を収めた。GK鈴木彩艶が試合を振り返ってコメントしている。

 日本は前半7分にFW佐藤恵允のゴールで先制すると、39分にはオウンゴールで加点して2-0で前半を折り返す。後半にも交代出場の藤尾翔太が決定的な3点目を奪い、守ってもオーストラリアを完封して快勝で大会を締めくくった。

「僕たちの目指しているところは優勝でしたが、準決勝で敗れて次のゲームが大事になるというところで、このゲームを勝ち切れたというのは次に繋がるゲームだったと思います」と鈴木は試合後に語った。

「僕らは優勝してパリオリンピックを目指していたので、そういった部分では悔しさの残る大会でした。それでも最終的な目標はパリオリンピックでメダルを獲ることなので、この大会を糧に今後生かしていきたいと思います」

 各選手は所属クラブに戻ってさらなる成長を目指していくことになる。「現時点で自分としては試合に出られていないので、試合に出る、そしてこの経験を次の代表活動に生かしていきたいと思います」と鈴木は所属する浦和レッズでの飛躍も目標に掲げている。