●移籍を望んでいたが…

 数多くの激闘が繰り広げられた2021/22シーズンが幕を閉じた。欧州各国でプレーする日本人選手たちは、果たしてどのような活躍を見せたのだろうか。今回は、オランダのPSVに所属する堂安律のシーズンを振り返る。(文:小澤祐作)

—————————–

 堂安律の活躍はサプライズだったと言っていい。そもそも、2021/22シーズンをPSVで過ごすこと自体がちょっとしたサプライズだった――。

 ガンバ大阪でプロデビューし、2017年に移籍したフローニンヘンでさらに評価を高めた堂安は、2019年にPSVの一員となった。当時のマルク・ファン・ボメル監督の下、開幕からしばらくはベンチ要員だったが、第4節フローニンヘン戦で移籍後初フル出場を果たすと、以降レギュラーに定着。上々のスタートを切ったかに思われた。

 しかし、成績不振を理由にファン・ボメル監督が解任され、後任にフローニンヘン時代にも指導を受けたエルネスト・ファベルが就くと、出場機会がまさかの減少。ロジャー・シュミット監督を迎えた2020/21シーズンは、より多くのプレータイムを求めビーレフェルトにレンタル移籍することになった。

 その堂安はビーレフェルトで非凡なパフォーマンスを披露し、1部残留の立役者になっている。金銭面の事情で完全移籍への移行は叶わなかったが、ドイツの複数クラブからのオファーを受けることに成功した。堂安自身もドイツでのプレーに手応えを得ていたため、2021/22シーズンはPSVに戻らず、ブンデスリーガのクラブに移籍することを希望していたようだ。

 しかし、すでにオランダから心が離れかけていた中、PSVを率いるシュミット監督にチームに残留するよう説得された。無論、ビーレフェルトでの活躍ぶりを高く評価されたからだ。実際、堂安はオランダ『Voetbal International』に対し次のように語っている。

「とくにブンデスリーガのクラブから興味を持たれていたので、そこでチャンスを掴みたいと思っていました。でも(シュミット)監督が行かせてくれなかった。監督は、僕のクオリティーを信頼しているし、多くのプレータイムを得られるから残るべきだと言ったんです」

 当然、堂安の中で迷いが生じた。上記のコメントの後に続けて「心では監督を信じたかったが、頭が信じるなと言っていた」と話している。無理もない。いくら「信頼されている」と監督から言われても、満足いく出場機会を得られる保証はどこにもない。ただでさえPSVには10番を背負う若手有望株のノニ・マドゥエケや新たなスター候補であるヨルベ・フェルテッセンなどという強力なライバル達がいた。そして何より堂安は、過去に一度PSVでの苦労を味わっている。残留を即決できないのは、至極当たり前のことだったと言えるだろう。

 それでも、最終的に堂安はシュミット監督の説得に負ける形でオランダの強豪に残留。結果論になるが、この決断は間違いではなかった。

●監督の言葉に嘘はなかった

 夏にU-24日本代表の一員として東京五輪に参戦していた堂安はチームへの合流が遅れ、その影響でUEFAチャンピオンズリーグ(CL)予選に出場できず、エールディビジ開幕2試合はベンチ外、第3節フローニンヘン戦はベンチと、難しいスタートを強いられることになった。

 しかし第4節AZ戦で途中出場を果たすと、いきなりゴールを記録。翌第5節フェイエノールト戦はベンチスタートとなったものの、第6節ゴー・アヘッド・イーグルス戦からは継続してスタメンに名を連ねるようになった。

「チャンピオンズリーグの予選でチームがとても良いプレーをするのは見ていました。僕はその場にいませんでしたし、その前のシーズンはPSVでプレーしていなかったので、その時は自分のクラブという感じがしなかったんです。けど監督は僕に約束してくれました。その約束は最終的にすべて実現しました」という堂安の言葉からも明らかな通り、「多くのプレータイムを得られる」というシュミット監督の言葉に、嘘はなかったのだ。

 とくに堂安の評価が高まったのは11月から12月にかけてと言えるだろう。

10月下旬の時点で、チームはフェイエノールト戦(0-4)、ヴィレムII戦に(1-2)、アヤックス戦(0-5)を落とし3位に位置するなど、なかなかパフォーマンスが安定していなかった。また、コディ・ガクポやエラン・ザハヴィといった主力の離脱も重なっており、難しい時期でもあった。

 しかし、そうした事情もあって、それまであまり出場機会を得られていなかったエリック・グティエレスやブルマ、カルロス・ヴィニシウスらに出番が回ってくると、彼らの頑張りもあって攻撃のクオリティーが向上。よりテクニカルなサッカーを展開し、11月と12月のリーグ戦を無敗で乗り切ることに成功したのである。

 その中で、堂安も周囲とうまく連係しながら躍動していた。第12節フォルトゥナ・シッタート戦でゴールを決めると、第15節ユトレヒトとの重要な上位対決では1得点1アシストの大活躍で4-1大勝の立役者に。絶対王者アヤックスを逆転し、首位でのウィンターブレーク入りに貢献することになった。

 堂安の活躍ぶりには、シュミット監督も満足していたようだ。オランダ・メディア『ED』が11月26日付けで、次のようなコメントを伝えていた。

●移籍の可能性も否めない理由は?

「彼はオフェンス面で多くのものを提供し、ディフェンス面でもとても頼りになる選手だ。今の彼を見ていると、トレーニングでも試合でも、精神的に非常にシャープであることが分かる。本当に全力を尽くしているんだよ」

 シュミット監督から高く評価された堂安は、後半戦もコンスタントにプレータイムを重ね、2月に入ってからはほぼ1試合1点ペースで得点を奪っていた。チームは第20節と第21節の連敗が大きく響きエールディビジ優勝を逃すことになったが、KNVBカップは決勝でアヤックスを2-1で下し制覇。同大会で196分間プレーした堂安は、日本人初の優勝経験者となっている。

 PSV復帰1年目となった日本人レフティーの最終成績は、公式戦39試合出場11得点3アシストだった。エールディビジで8得点、KNVBカップで2得点、UEFAカンファレンスリーグ(UCL)で1得点だ。決して爆発的な数字とは言えないが、遅れてのチーム合流、さらに細かい怪我があった中でシーズン2桁得点に乗せたのはポジティブな結果と言っていいだろう。チーム内でシーズン2桁得点を記録したのは堂安含めガクポ(21得点)、ザハヴィ(20得点)、マリオ・ゲッツェ(12得点)、ブルマ(10得点)の5人しかいなかった。

 現地メディアからも高い評価を得るなど、PSVでの再チャレンジを良い形で終えた堂安だが、来季もPSVでプレーを続けるかはわからない。同選手を高く評価し引き留めに動いたシュミット監督の退任、そしてルート・ファン・ニステルローイの新監督就任がすでに決まっているので、ファン・ニステルローイ新監督との話し合いの結果によっては十分退団もあり得る。

 実際、堂安も移籍の可能性を否定していない。「ファン・ニステルローイは私にとって伝説の選手です。子供の頃、マンチェスター・ユナイテッドとレアル・マドリードで彼の試合を観ていました。彼と一緒に仕事をするのは素晴らしいことだと思いますが、お互いに誠実でなければならない。自分のキャリアや将来についても考えなければなりません。たくさんプレーしたいし、夢はチャンピオンズリーグ出場です。それはPSVでかもしれないし、他の場所でかもしれないです」と『VI』は堂安のコメントを伝えている。

 確かに言えることは1つ、堂安にとって大きな自信がつく2021/22シーズンになったということだ。今後PSV残留を決断したとしても、噂が出ているマインツに移籍したとしても、その自信は必ず活きてくるはず。日本の未来を担い得るレフティーのこれからに、ますます注目だ。

(文:小澤祐作)