●リバプール加入後最高の成績を収める

 数多くの激闘が繰り広げられた2021/22シーズンが幕を閉じた。欧州各国でプレーする日本人選手たちは、果たしてどのような活躍を見せたのだろうか。今回は、イングランドのリバプールに所属する南野拓実のシーズンを振り返る。(文:小澤祐作)

—————————–

 ユルゲン・クロップ監督率いるリバプールは今季も抜群に強かった。前人未到の4冠達成こそならなかったものの、プレミアリーグ2位、チャンピオンズリーグ(CL)準優勝、FAカップ優勝、カラバオ・カップ優勝は十分すぎる成績と言っていいだろう。

 そんな世界最強クラブの一員として、日本代表FW南野拓実も確かな存在感を示していた。

 公式戦24試合で10得点1アシスト。もちろんこれはリバプール加入後キャリアハイとなる成績である。同クラブで今季公式戦2桁得点に乗せたのはモハメド・サラー(31得点)、サディオ・マネ(23得点)、ディオゴ・ジョタ(21得点)、ロベルト・フィルミーノ(11得点)で、そこに南野も名を連ねたことを考えれば、やはり立派な結果だと言える。

 とくにカップ戦での活躍ぶりは目を見張るものがあった。

 FAカップでは4試合で3得点を記録し、16季ぶりとなる優勝に貢献。そのパフォーマンスが評価され、メイソン・マウント(チェルシー)やチアゴ・シウバ(チェルシー)、トレント・アレクサンダー=アーノルドといった名だたる実力者と共にファンが選ぶ大会ベストイレブンに選出されることになった。

 そしてカラバオ・カップでは5試合で4得点1アシストを記録し、こちらも優勝に貢献。とくに印象的だったのは準々決勝レスター戦で、ジョタの得点をアシストしただけでなく、後半アディショナルタイムには胸トラップから右足ボレーで同点弾を奪取している。このゴールがなければリバプールは早々に敗退していたはずなので、南野が果たした仕事はあまりにも大きかった。

 そんな南野に対する各方面からの評価は高い。元リバプールのホセ・エンリケ氏は自身のツイッターに「彼(南野)がいなければ、この2つのカップ戦での優勝はなかっただろう」と投稿。現地メディアやサポーターからは「クロップ監督の下で重要な役割を果たした」「カップ戦優勝はタキのおかげ「タキの貢献は素晴らしい」などといった称賛の声が相次いでいた。

 しかし、南野自身はリバプールでの1年間に決して満足しなかったようだ。それは、代表ウィーク期間中に残し、リバプール専門サイト『This is Anfield』などにも取り上げられたコメントからも明らかである。

●南野に突き付けられた厳しい現実

「僕が出る試合は誰もあまり興味のない試合が多かった。結果を残してもそんなに反響があるわけでもない。自分自身の価値を証明するために、自分自身で奮い立たせて頑張っていた」

「選手としてここまで試合に出られない難しい期間が続いたことは今までになかった。その中でどうやってコンディションを維持するのか、悔しさをどう次につなげるのかは意識していた。もちろん、すべてのタイトルの可能性を残して最後まで戦えたのは、サッカー選手として充実していたとは思う。

 でも、それと同時に選手としては重要な試合に出て結果を残すことに意味がある。自分が出て結果を残したと言われるけど、別に大したことをしたとは思っていない。当たり前のことをやっていただけだし、手応えというよりも悔しかった。もっと重要な試合に出て、結果を残せる選手になりたい」

 上記のコメントからも分かる通り、今季の南野は重要な試合で全く出番を与えられなかった。プレミアリーグでは11試合の出場、うち先発は1回で、プレータイムは176分間。チャンピオンズリーグ(CL)では決勝トーナメント進出がすでに決まっている状況で迎えたグループリーグ第5節と第6節でこそ先発出場を果たしたが、決勝トーナメントでは1試合もピッチに立つ機会がなかった。

 カラバオ・カップでは準決勝までの全ての試合に出場していたが、肝心の決勝戦はベンチで見守ることに。FAカップでは準々決勝までプレーし活躍するも、準決勝と決勝はベンチにすら入れないという残酷な結果だった。

「あまり興味のない試合」、言い方を変えれば重要度がそこまで高くない試合では出番があり結果も残した。しかし、カップ戦決勝やCL決勝Tといった重要度の高い試合では途中出場すらなかった。マネやジョタ、ルイス・ディアスと確かにライバルは強力だったが、クロップ監督から「まだそれほど高いレベルに無い」と遠回しに評価されているようなものだったとも言わざるを得ないのだ。

 当然、プロとして戦っている南野にとっては悔しい結果であり、厳しい現実である。サポーターやメディアからの評価と、南野自身が感じた手応えには、決して小さくないギャップがあるのかもしれない。

●リバプールでの経験は無駄にならない

 それでも、リバプールで過ごした2021/22シーズンが今後のキャリアで無駄になることはないだろう。確かに南野にとって悔しい1年になったかもしれないが、限られた時間の中、それも高いモチベーションを維持するのが容易ではない中で公式戦2桁得点を記録したのは、繰り返しになるが立派である。本人にとっては「当たり前」のことでも、誰でもできるようなことではない。

 南野に対してはフランスのモナコが移籍金1800万ユーロ(約21.6億円)ほどでオファーを提示したと報道されている。『transfermarkt』による日本代表FWの市場価値は1200万ユーロ(約14.4億円)とされているので、モナコはかなり高く評価していると言えるだろう。

 その評価を勝ち取ることに成功したのは、他でもない、南野自身がしっかりと結果を残したからである。確かにリバプールでは最後までサブ要員で、周囲との差を痛感させられたかもしれない。それでも、850万ユーロ(約10.2億円)でリバプールに加入し、1800万ユーロ(約21.6億円)で出ていくことが濃厚なのだから、日本人FWが世界的ビッグクラブに残すものは決して小さくないと言える。そこは大いに胸を張ってもいいのではないだろうか。

 南野の加入が間近とされているモナコは、リバプールと比べればやはり格が落ちるかもしれないが、実力のあるクラブだ。過去にはキリアン・エムバペやファビーニョ、ベルナルド・シウバらが同クラブで経験を積み、世界トップレベルの選手へと進化を遂げていった。現在もウィサム・ベン・イェデル、ケビン・フォラント、アレクサンドル・ゴロビン、ソフィアン・ディオプといったハイレベルな選手たちが在籍しているため、南野にとって更なるレベルアップを図る上で、モナコが良い刺激を受けられる場所になることは確かだ。

 世界最強のリバプールで培った貴重な経験は、間違いなく南野にとってプラスになる。それを次なるクラブでの活躍、そして5ヶ月後に迫ったカタールワールドカップでの活躍に繋げてほしいところだ。

(文:小澤祐作)