●アーセナルを立て直す

 数多くの激闘が繰り広げられた2021/22シーズンが幕を閉じた。欧州各国でプレーする日本人選手たちは、果たしてどのような活躍を見せたのだろうか。今回は、イングランドのアーセナルに所属する冨安健洋のシーズンを振り返る。(文:小澤祐作)

—————————–

 ミケル・アルテタ監督体制3年目となった2021/22シーズン、アーセナルのスタートは最低最悪だった。

 開幕節の相手は、このシーズンよりプレミアリーグに昇格してきたブレントフォード。当然アーセナルの方が下馬評は高かった。ところが、22分に先制点を献上すると、後半にも1失点。結局90分間で1点も奪うことができず、まさかの0-2完敗を喫することになった。

 翌第2節チェルシー戦は、踏んだり蹴ったりだった。前半だけで2点を失い厳しい状況に追い込まれると、後半にキーラン・ティアニーとガブリエル・マルティネッリの2人が負傷。そして攻撃陣はまたも不発に終わり、ブレントフォード戦に続き0-2と完敗した。

 第3節の相手は後の王者となるマンチェスター・シティだった。アルテタ監督は何とか勝ち点を拾おうと5バックで守りを固めたが、グラニト・ジャカの退場も響き防波堤はすぐに決壊。大量5失点を喫し、何も出来ぬまま敵地エティハド・スタジアムを去ることになった。

 アーセナルがリーグ戦で開幕3連敗を喫したのは、1954/55シーズン以来、実に67年ぶりのことだった。さらに、同3試合で得点0、失点9、得失点−9というのは、2003/04シーズンのウォルバーハンプトン(後に最下位で降格)に次いでプレミアリーグ史上2クラブ目の不名誉な記録となっている。当然、この時はアルテタ監督の解任の噂も出ていた。

 しかし、アーセナルは第4節ノリッジ戦でようやくリーグ戦初勝利を挙げると、そこからの8試合を無敗で切り抜けることに。順位も最下位から一気に5位まで浮上することになった。

 アーセナルがこれほど調子を上げた理由としては、開幕3試合にはなかった守備の安定感が挙げられる。事実、第4節ノリッジ戦からの8試合で複数失点を喫したのは、第8節クリスタル・パレス戦の1試合のみとなっている。

 では、なぜ守備に安定感が生まれたのか。その理由は主に2つある。

 1つ目は、開幕3試合を欠場していたガブリエウ・マガリャンイスやトーマス・パーティといった主力が戦列に戻ってきたこと。そして2つ目は、即戦力として獲得した2人がすぐにフィットしたことにある。それが、シェフィールド・ユナイテッドからやって来たGKアーロン・ラムズデールとボローニャからやって来たDF冨安健洋である。

●いきなり証明された冨安健洋の力

 ラムズデールは足元に不安のあったベルント・レノに代わり、第4節ノリッジ戦から守護神に君臨。抜群の反射神経を生かしたビッグセーブを何度も披露し、ビルドアップでも質の高いプレーを連発した。加入当初は「レノがいるのに必要なのか」といったような意見もあったが、実力でその雑音をかき消したと言える。

 そして冨安である。

 ボローニャ在籍時から能力は飛び抜けて高いものがあった。外国籍選手に劣らぬ体格を誇っていて、スピードもあり、両足を使えて、さらに賢い。これがプレミアリーグという世界最高峰の舞台でどれだけ通用するのかが大きな焦点となったが、日本の若きDFはすぐにその力を証明した。

 冨安の主戦場は、アーセナル最大のウィークポイントと言われていた右サイドバックだった。ラムズデールと同じく第4節ノリッジ戦でアーセナルデビューを飾ると、いきなり完封勝利に貢献。第6節、トッテナムとのノースロンドンダービーでは韓国代表FWソン・フンミンに仕事を与えずチームを3-1勝利に導き、サポーターや複数メディアから大きな称賛を受けることになった。

 その後も冨安は主力として右サイドで奮闘。気づけば、デビュー戦から15試合連続でスタメン入りを果たすことになった。控えにはセドリック・ソアレスがいたが、もはや同選手との差は誰の目にも明らかだった。

 冨安は年明けに長期離脱を強いられてしまうことになるが、戦列復帰後に再び評価を高めている。

 第36節リーズ戦で、アーセナルでは不慣れな左SBとして出場すると、相手の攻撃の核であるハフィーニャを完封。それだけでなく、うまくインサイドにポジションを取りながらビルドアップをスムーズに行うなど、眩い輝きを放ったのである。試合後、各メディアからは絶賛の嵐だった。

 アーセナル1年目の冨安の成績はリーグ戦21試合出場、計1683分間のプレーだった。シーズン途中の長期離脱による影響もあり、他の選手と比べると決して多い数字とは言えないが、プレー内容は申し分なかったと言っていい。地元紙『フットボール・ロンドン』には「守備は完璧。技術にも優れ、弱点であった右SBを瞬時に強みの一つに変えた」と評価されており、怪我さえなければ最高点だった可能性もあるとも紹介されていた。

 また、同紙のカヤ・カイナック記者は冨安をシーズンMVPに選出。「アーセナル加入以来、日本代表選手の悪かったプレーをほとんど思い出せないし、彼が最終ラインにフィットして物事を一変させた」と評価している。チームは目標であった来季のチャンピオンズリーグ(CL)出場権を逃してしまったが、冨安の活躍ぶりはその悔しさが薄れるほどのものがあっと言っていいだろう。

●唯一悔やまれるのは…

 しかし、周囲からの評価は高いが、選手本人にとっては決して満足できないシーズンだったのかもしれない。

 その理由は、先にも少し触れているが、あまりにも怪我が多かったからだ。

 冨安にとって、この1年はプロ生活で最も過酷だったと言っていいだろう。

 ボローニャで負傷離脱しながらもフルシーズン戦った冨安は、その後U-24日本代表の一員として東京五輪に参加。練習中に左足を痛めたことで他の主力選手と比較するとプレー時間は短かったが、それでもハードな3試合をこなした。

 その後イタリアに戻り、第2節アタランタ戦では9分間ではあったもののピッチに立った。そこからイングランドに飛んでアーセナルの一員となり、一息もつけぬまま即戦力としてアルテタ監督に起用された。そして日本代表の活動にも参加している。十分な休養を取れていなかったのは明らかだ。

 そして、強度の高いプレミアリーグで戦い続けていた冨安は、12月18日に行われた第18節リーズ戦でアーセナル加入後初の負傷交代を強いられることに。その後2試合を欠場し、1月1日に行われた第21節マンチェスター・シティ戦では足の痛みが癒えぬままフル出場した。

 致命的となったのが1月20日に行われたカラバオ・カップ準決勝2ndレグ、リバプール戦だった。この試合で強行出場したことで、怪我が悪化。結果、長期離脱を強いられることになったのである。復帰を急がせたアルテタ監督には、チーム事情があったとはいえ、多くの批判が集まっていた。

 復帰を果たしたのが4月23日のマンチェスター・ユナイテッド戦で、その後しばらくはスタメン出場を続けた。しかし第37節ニューカッスル戦で再離脱。そのまま一足先にシーズンを終えることになった。

 シーズンMVPも狙えるだけの内容だっただけに、戦線離脱の頻度が多かったのはやはり残念で、今シーズンにおいて唯一悔やまれる結果になったといっていい。だからこそ、来季はフル稼働をしてほしいところである。多くの人が、そう願っているはずだ。

(文:小澤祐作)