●前田大然、セルティック移籍1年目で大躍進

 数多くの激闘が繰り広げられた2021/22シーズンが幕を閉じた。欧州各国でプレーする日本人選手たちは、果たしてどのような活躍を見せたのだろうか。今回は、スコットランドのセルティックに所属する前田大然のシーズンを振り返る。(取材・文:舩木渉)

————–

 選手としての飛躍を目指しての海外移籍は、大きな成長のチャンスであると同時に、それ相応のリスクも孕んでいる。

 例えば新しい生活環境に馴染めるのか、日本とは違うサッカーのスタイルに適応できるのか、言葉が通じない中で周囲との人間関係を築けるのかといった心配事はいくらでも思いつく。

 そして、冬の市場での欧州移籍には完成されたチームに入っていく難しさも加わる。春秋制のJリーグと、ほとんどの国で秋春制が導入されている欧州サッカー界の間での移籍で乗り越えなければいけない特有の問題とも言えるだろう。

 だが、前田大然に限ってはこれまでに挙げたようなリスクが小さい移籍になった。J1で23得点を挙げて2021シーズンのJリーグ得点王に輝いた快足ストライカーは、横浜F・マリノスからスコットランド1部の強豪セルティックへ期限付き移籍する。

「練習はすごくハードだったので、体的にはキツかったですけど、練習メニューがマリノスと一緒だったので、すんなり入れたかなと思います」

 今年1月下旬、日本代表に合流した前田は新天地での最初の1ヶ月をこのように振り返った。

 セルティックの練習メニューが「マリノスと一緒だった」のは、指揮を執るのがアンジェ・ポステコグルー監督だったから。マリノスで前田の秘められし得点力を引き出したオーストラリア人監督は、スコットランドでもJリーグ時代と同じ哲学を貫いたアタッキング・フットボールを展開していた。

 故にチームのサッカースタイルもマリノスと変わらず、練習メニューも同じ。前田にとって2度目の欧州挑戦であるうえ、ポステコグルー監督からの確固たる信頼をつかんだ状態での移籍であったことが、スコットランドでの活躍を大きく後押しした。

●鮮烈デビュー弾。一気に信頼つかむ

 そして、1月17日に迎えたデビュー戦でいきなり大きなインパクトを残す。スコティッシュ・プレミアシップ第21節のハイバーニアン戦、開始4分で前田は鮮烈なデビューゴールを挙げたのである。トム・ロジッチのお膳立てを受けてゴールネットを揺らし、速攻を完結させた。

「最初の入りはすごい大事やと自分でも感じていたので、うまくいきすぎかな……という感じはありますけど、自分が今までしっかりやってきたからこそだと思います」

 デビュー戦で監督のみならずチームメイトやファン・サポーターからの信頼も勝ち取った前田は、日本代表活動のために離脱した2試合を除くリーグ戦16試合に出場し、6得点という成績を残した。

 国内外のカップ戦も合わせれば公式戦22試合に出場して7得点5アシスト。前田はマリノス時代と同じくセンターFWと左ウィング、2つのポジションで起用されて攻守に躍動した。

 リーグ戦での各得点場面を見てみると、前田らしさがよく表れたものばかりだった。第35節のマザーウェル戦、カウンターで味方のスルーパスに抜け出した前田はトップスピードからの切り返しで相手DFをかわし、最後はブロックに遭いながらも泥臭くシュートをゴールにねじ込んだ。

 第30節のリヴィングストン戦では味方がコーナーキックをニアサイドで逸らしたところ、ファーサイドでこぼれ球に反応した前田がゴールに押し込んだ。第31節のロス・カウンティ戦でもコーナーキックで味方が競り合ったボールに反応してコースを変えてゴールネットを揺らした。2つとも最後の瞬間まで諦めずにゴール前に詰める貪欲さが実ったゴールだった。

 さらにレギュラーシーズン最後の第33節では、ジョタのクロスにヘディングで合わせてゴール。1アシストも記録し、7-0の快勝に大きく貢献した。ポストスプリット第3節のハーツ戦で決めたゴールは、速攻の場面でジョタのクロスに逆サイドからしっかりと詰めて貴重な同点ゴールを奪った。

 左ウィングであろうとセンターFWであろうと、クロスに対して必ずゴール前まで詰める。セットプレーでも最後の瞬間までシュートを狙う。マリノス時代から徹底してきたプレーをセルティックでも続け、ポステコグルー監督からの信頼に応えた。

●爆速を生かした守備でも貢献

 前田が評価されたのはフィニッシュの局面における勝負強さだけではない。守備のスイッチ役としての貢献度も極めて高かった。Jリーグ時代に何度も見た、猛スプリントでGKまでボールを追いかけて相手を焦らせるようなプレッシングは健在。

 爆発的な加速で相手ボールホルダーに詰め寄り、一度ならず二度、三度とスプリントを繰り返してボールを追いかけ回す前田の姿勢はチームを大いに勇気づけた。ただ走るだけでなく、スピードに緩急をつけて相手を追い込み、ボールを奪い切るための技術にも磨きがかかった。

 2021シーズンのJ1で記録されたスタッツを見ると、試合別のスプリント回数ランキングトップ10までの8枠を前田が埋めている。最高はJ1第24節の大分トリニータ戦で記録した「64回」。試合の中で高強度のスプリントを果てしなく続けられる肉体的な頑強さは、前田の持ち味の1つだ。

 飛び抜けた加速力を持っている選手の中には、キャリアを通じて怪我に悩まされる者も多い。両脚が生み出す爆発的な加速のエネルギーに筋肉や靭帯、腱などが耐えきれず「ブチっ」と切れてしまうことも珍しくない。

 だが、前田は違う。多少無理な体勢から走り出しても、回数を重ねても、試合の中で強度が落ちることなく、無限にスプリントを繰り返せる。Jリーグよりも強度が求められ、高速展開になりがちなスコットランドリーグでも前田のスプリント力や運動強度の高さは十二分に通用した。

 ポステコグルー監督も「ストライカーは皆ゴールを決めることが大好きだが、彼らは残念ながらゴールだけでしか評価されないことがある」とコメントし、前田の「数字」に表れない貢献度の高さを称賛していた。

●来季はCL、そしてW杯の舞台へ

 もともと昨夏のセルティック監督就任と同時に獲得を望んだ愛弟子に対して、“ボス”が全幅の信頼を寄せているのは間違いない。5月23日にはマリノスからセルティックへの完全移籍も決まり、来季も前田とポステコグルー監督の師弟関係は続くことになる。

 シーズンを終えて日本代表に合流した前田は、6月10日のガーナ代表戦でA代表初得点を挙げた。センターサークル付近からの速攻で右サイドに抜け出した伊東純也のラストパスに、DFの背後を取った前田が丁寧に合わせてのゴールだった。

 その場面をスタジアムで見ていて、まさしくマリノスやセルティックでよく見たパターンだと感じたのをよく覚えている。日本代表7試合目の出場で奪った初ゴールについて、前田自身も「クラブでもああいうシーンが本当にたくさんあるので、あそこに入っていくのは自分の中で決めていること。しっかり勢いよく入れた」と、手応えをつかんでいた。

 マリノスやセルティックで結果を出し続けて積み重ねてきた成長が、日本代表の舞台でも成果として実りつつある。「(6月2日の)パラグアイ戦で決定機を外して、次のチャンスがあるかないかというところと戦っていたので、今は本当にほっとしています」と話していた24歳は、「代表初ゴールは遅かったですけど、自分がやってきたことは間違いじゃないと思っている」と安堵とともに自信を深めていた。

 セルティックで2年目となる新シーズンは、UEFAチャンピオンズリーグ(CL)の舞台に立つチャンスもある。11月には日本代表として挑むカタールワールドカップも控えている。ポステコグルー監督のもとで大ブレイクした古橋や旗手らとともに、前田が欧州最高峰の戦いの中でどんなきっかけをつかんで進化を加速させていくだろうか。一瞬でも目を離せば、我々もすぐに置いていかれてしまう。

(取材・文:舩木渉)