●惜しまれつつサンプドリア退団

 数多くの激闘が繰り広げられた2021/22シーズンが幕を閉じた。欧州各国でプレーする日本人選手たちは、果たしてどのような活躍を見せたのだろうか。今回は、イタリアのサンプドリアに所属していた吉田麻也のシーズンを振り返る。(取材・文:舩木渉)

————-

 2022年7月1日。日本代表DF吉田麻也に対し、前日まで所属していたサンプドリアの英語版公式ツイッターが「日本語で」惜別のメッセージを発信した。

「麻也へ

遂に退団日ですね

君はサッカーとそれ以外の両方の観点から、非常に困難な時期に我がチームに入団しました。1人で、そしてロックダウン中でありながらジェノヴァとイタリアを知ることになりました。激しい2年間でしたがいつも笑顔だった君はファンとクラブ全員から尊敬を得ました

ありがとう」

 2020年1月にサンプドリアの一員となってから2年半。吉田は別れを惜しまれる形で契約満了の日を迎えた。イタリア人ではなく、タイトルを獲得したわけでもない。多くの選手がひっそりと“裏口”から去ることを余儀なくされるサッカー界で、たった2年半の在籍にもかかわらず堂々と表門をくぐってジェノヴァの街を出ることができた。

 サンプドリアの英語版ツイッターでは日本語メッセージの1つ前の投稿で「私たちが離れ離れになって最初の日。これを乗り越えることは決してできないでしょう。グッドラック、マヤ!」と別れを惜しむとともに、「管理者の今の気持ち」として号泣している顔の絵文字が添えられていた。

 これほど愛されたのは、彼の人望があってこそだろう。

 吉田がサンプドリアで確固たる信頼を得ていることを象徴していたのは、今年4月23日のセリエA第34節、失点に絡んでエラス・ヴェローナと1-1のドローに終わった試合の後のエピソードだ。残留争いで神経をすり減らしながら戦い、「勝ち点2」を失ったとも言える状況で、吉田はFWファビオ・クアリアレッラと口論になった。

 このシーンは映像にも残っており、「内紛か?」と盛んにネガティヴな報道がなされた。だが、クアリアレッラは翌日に「(残留争いの)特殊な時期かつ重要な目標がある中で、試合後の緊張でああなっただけ」とSNSで釈明。話し合って和解に至っていることをアピールし、吉田もそれに応じた。

●前半戦は絶対的なレギュラーだったが…

 確かに表面だけを切り取れば内紛だと捉えることもできよう。だが裏を返せば、チーム内に在籍8年目でチーム内に絶対的な影響力を持つキャプテンに対して自分の意見を主張できる選手がいることを証明しているとも言える。

 それが吉田だった。33歳の日本人センターバックには、クアリアレッラに対してモノ申すだけの主張や気概、人望があった。もし周りの選手たちから相応のリスペクトを集めていなければ、圧倒的な実績と経験によって尊敬を集めるキャプテンに対して反発したとて、チーム内で孤立してしまうだけだ。

 残留争いで誰もがフラストレーションを溜めている中、勝てたはずの試合を落としたことで小さな諍いが起きるのは自然なこと。吉田とクアリアレッラのように、ピッチ上でお互いに溜め込んだイライラが爆発してしまうほど、とにかく苦しいシーズンだった。

 サンプドリアは序盤から勝ち星を積み上げられず、クラブが財政難や不振にあえぐ中で昨年12月に当時オーナーだったマッシモ・フェレーロ氏が金融犯罪に関わった容疑で逮捕され、直後に辞任する。それにともなうクラブの身売り問題にも振り回され、ピッチ内外で調子を取り戻すきっかけをつかめないまま、今年1月17日にロベルト・ダヴェルサ監督を解任した。

 吉田はシーズン開幕戦からDFオマール・コリーとのコンビでリーグ戦ほぼ全試合に先発起用されるなど、レギュラーの座を確固たるものにしていた。そんな中で痛恨だったのは、年明け早々の試合で負った右太ももの怪我だった。

 今年1月6日に行われたセリエA第20節のカリアリ戦に先発出場した吉田は、18分にサンプドリアの先制ゴールをアシスト。だが、後半開始早々に右太ももを痛めて交代を余儀なくされ、全治1ヶ月と診断された。

 結果的に2月下旬まで復帰がずれ込み、その間にサンプドリアでは監督交代があり、日本代表でもカタールワールドカップアジア最終予選の重要な2試合を欠場することになってしまった。自らのインスタグラムでは「このタイミングで怪我してしまった自分に殺意すら覚えました」と、大事な時期にクラブでも代表でもチームの力になれないもどかしさを綴っていた。

●負傷離脱で一変したクラブでの立場

 負傷離脱していた約2ヶ月の間に、吉田を取り巻く状況は大きく変わった。実戦復帰した時にはマルコ・ジャンパオロ監督の就任から約1ヶ月が経っており、その後は出場機会が激減してしまう。

「若い時から先輩たちに『代表の前に怪我するな』と言われていました。それは僕も重々理解した上でプレーしていたんですけど、自分でも思いがけない怪我をしてしまった。誰が見てもそういう年齢になってきたのは認めざるを得ないですし、大切なのは怪我を繰り返さないこと。怪我の頻度を減らさないと。

長谷部(誠)さんも31歳か32歳くらいの時に怪我があって、(長友)佑都も30代前半に肉離れを繰り返している時期がありました。みんなそういう時が来るので、僕は自分自身の体はタフだと思っていますけど、それを過大評価せずに、しっかりとケアを突き詰めてやらなければいけないなと改めて感じました」

 3月に日本代表に復帰した際、吉田は重要な時期に負傷したことを強く悔やんでいた。カタールワールドカップ出場権獲得に大きく貢献したのは間違いないが、負傷離脱のタイミングで監督交代などが重なり、所属クラブでの立場は苦しいものになった。

 昨年9月にインテル戦でゴールを挙げた直後にフェレーロ前会長から「君は2年間の契約延長にふさわしい」と言われたことを、吉田は地元紙のインタビューの中で明かしていた。それほどまでに信頼を勝ち取っていたにもかかわらず、後ろ盾でもあった会長や重用してくれた監督がクラブから去り、今年6月末の契約満了が近づくにつれて状況は厳しくなっていった。

 サンプドリアはジャンパオロ監督の就任後、4-4-2からトップ下を置く4-3-1-2、そして終盤には4-1-4-1と次々にシステムを変更するなど戦い方の軸を定めきれないまま迷走した。最終的には1節を残してセリエA残留を決めるという綱渡りのシーズンになった。

●吉田麻也の新天地はどこに?

 それでも2年半にわたってクラブの苦しい時期を支えた吉田は、在籍中に公式戦74試合に出場して3得点6アシストを記録した。そして、冒頭で述べた通りピッチ内外でチームメイトやクラブ、ファン・サポーターからも尊敬され、愛される存在だった。加入してすぐにイタリア語を習得し、チーム内外で積極的にコミュニケーションを取ることで信頼を積み重ねていった。

 だが、惜しまれつつもサンプドリア退団が決まった。カタールワールドカップが控えた2022/23シーズンに向けて新たな所属クラブを探さねばならない。本稿を執筆している7月4日現在、まだ移籍先は発表されていないが、6月の日本代表活動中に吉田は自らの将来について次のように語っていた。

「やっぱり試合に出なければいけないなと思います。ただ、(競争のレベルを)落としていくのは簡単なので、やっぱり高いところに身を置きたいなと。ワールドカップに関係なく、自分がサッカー選手として残り限られていくキャリアの中で、高いレベルに身を置きたいというのはシンプルに選手としての一番の願いです」

 当時はサンプドリアとの契約を延長する可能性もわずかに残されていたようだが、結局6月30日に契約満了を迎えてフリーになった。現在は新シーズンからセリエAに昇格するモンツァからの関心が伝えられており、Jリーグ復帰の可能性も取り沙汰されている。

 6月20日には日本プロサッカー選手会の新代表理事(会長)に就任することも発表された吉田。キャリアの集大成と位置づけるカタールワールドカップ開幕が約4ヶ月後に控える中で、どんな決断を下すだろうか。イタリアでの最後のシーズンで味わった苦しみを払拭した日本代表キャプテンが再び輝きを放つ姿を楽しみにしたい。

(取材・文:舩木渉)