主にバルセロナとチェルシーが争奪戦を繰り広げていたリーズ・ユナイテッドのブラジル代表FWハフィーニャは、バルセロナへの移籍がほぼ決定的となったようだ。英紙『デイリー・メール』などが伝えている。

 リーズの主力としてプレミアリーグで活躍して評価を高め、多くのビッグクラブからの注目を引きつけてきたハフィーニャ。アーセナルなどからの関心も噂されていたが、最終的に2クラブの争いとなっていたようだ。

 ハフィーニャ本人はバルセロナへの移籍を希望し、以前から個人合意に達していた模様。だが経営面に問題を抱えるバルセロナはリーズの要求する条件のオファーを提示できず、より高額の移籍金を提示したチェルシーはリーズとクラブ間合意に達していたとみられている。

 だが新たなテレビ放映権料契約などで資金を得たバルセロナも提示額を引き上げ、リーズの要求する移籍金+ボーナス総額6300万ポンド(約103億円)という条件に届く見通しが立ったようだ。

 リーズはバルセロナと口頭合意に達しており、正式な形でオファーが提示されれば受け入れる見通しとも報じられている。注目された移籍先はバルセロナで決着する日が近いのかもしれない。