アーセナルがマンチェスター・シティのDFオレクサンドル・ジンチェンコの獲得に動き出したようだ。英『アスレティック』などが伝えている。

 シティは今夏の移籍市場で適正なオファーがあればジンチェンコを手放す意向とされている。これまでにエヴァートン、ウェスト・ハム、チェルシーなどが問い合わせをしており、3500万ポンド(約58億円)で交渉に応じる意思があると答えているようだ。

 アーセナルはこの夏にDFリサンドロ・マルティネスを狙っていたが、こちらはマンチェスター・ユナイテッドとの争奪戦に敗れた模様。DFヌーノ・タヴァレスの放出も噂になっており、ジンチェンコの獲得を本気で考えているようだ。

 アーセナルを率いるミケル・アルテタ監督は、かつてのシティのコーチを務めていたため、ジンチェンコのことはよく知っている。そのため、アーセナルに必要な選手だと自信を持っているようだ。

 今夏の移籍市場でアーセナルはシティからFWガブリエウ・ジェズスを獲得している。再びシティとの取引が成立するだろうか。