プレシーズンマッチ、セルクル・ブルージュ(ベルギー1部)対FCデンデル(ベルギー3部)が現地時間16日に行われた。この試合では、今夏に鹿島アントラーズからセルクル・ブルージュに移籍した日本代表FW上田綺世が半端ないゴールを叩き込んでいる。

 先発出場となった上田が大仕事を果たしたのは1-0で迎えた23分だった。

 敵陣深くで味方が相手に猛烈なプレッシャーをかけると、奪ったボールが上田の元へ。日本人FWは飛び出してきたDFをボディフェイクでいなすと、最後はペナルティーアーク手前から思い切りよく右足を振り抜いた。この強烈なシュートに対し、FCデンデルのGKは一歩も動くことができず、ボールはゴール左隅に突き刺さっている。

 チームはその後3点を追加し、3部相手に5-0の大勝を収めた。類稀なる決定力とパンチ力のあるシュートという持ち味を新天地でいきなり見せつけた上田とっては、24日に控えるジュピラー・プロ・リーグ開幕節ウェステルロー戦のスタメン入りに向けた良いアピールになった。