【日本 4-0 香港 E-1サッカー選手権202】

 サッカー日本代表は19日、EAFF E-1サッカー選手権決勝大会の初戦で香港代表と対戦している。

 スターティングメンバーにはフレッシュな面々が並んだ。GK鈴木彩艶が日本代表デビューを飾り、ディフェンスラインには山根視来、谷口彰悟、畠中槙之輔、杉岡大暉とA代表経験を持った選手たちが入る。中盤は磐田智輝、藤田譲瑠チマ、西村拓真と横浜F・マリノスの3人が組み、右ウィングに水沼宏太、左ウィングに相馬勇紀、1トップに町野修斗が起用された。

 試合開始直後の2分、日本は幸先よく先制に成功する。ペナルティエリア手前でフリーキックを得ると、相馬が右足で直接ゴールに突き刺してA代表初ゴールを挙げた。

 その後、連係ミスが散見されながらも試合の主導権を握った日本は20分に追加点を奪う。山根が右サイドから上げたクロスに町野がドンピシャヘッドで合わせてゴールネットを揺らした。湘南ベルマーレに所属する長身ストライカーにも日本代表初ゴールが生まれた。相手ディフェンスの間に入り込み、しっかりとコントロールした技ありのフィニッシュだった。

 畳み掛ける日本は22分、相手のクリアのこぼれ球に素早く寄せた相馬がワンタッチでペナルティエリア内にパスを入れると、受けた西村が右足を振り抜いてゴールイン。3人目の日本代表初ゴールで早くもリードを3点に広げた。

 40分にもペナルティエリア手前から左足で不規則な回転をする難易度の高いシュートを放った西村がゴールを奪い、日本のリードは4点に。大差をつけるとともに完全に試合を掌握した日本の選手たちは、前半を終えて自信満々にドレッシングルームへと下がっていった。

【得点者】
2分 1-0 相馬勇紀(日本)
20分 2-0 町野修斗(日本)
22分 3-0 西村拓真(日本)
40分 4-0 西村拓真(日本)