現地時間21日、アフリカサッカー連盟(CAF)はCAFアワード2022を開催。同授賞式で、セネガル代表FWサディオ・マネがアフリカ年間最優秀選手賞を受賞した。

 21/22シーズンのマネは、リバプールで公式戦51試合に出場。23得点5アシストの活躍をみせ、リーグカップ(カラバオカップ)とFAカップの2冠に貢献した。また、セネガル代表ではアフリカネーションズカップ初優勝、さらに2大会連続3回目のW杯出場に導いた。

 アフリカ年間最優秀選手候補には、モハメド・サラーやリヤド・マフレズ、エドゥアール・メンディらが選出。マネは名だたる名手を抑え、自身2度目の受賞となった。

 マネは今夏、6シーズンプレーしたリバプールに別れを告げ、バイエルン・ミュンヘンへ移籍。デビュー戦となったD.C.ユナイテッド戦では先制点を決め、いきなり結果を残している。