【ジュビロ磐田 1-0 湘南ベルマーレ J1第23節】

 明治安田生命J1リーグ第23節のジュビロ磐田対湘南ベルマーレ戦が30日に行われ、ホームの磐田が1-0で勝利を収めた。

 4試合連続の無得点黒星で最下位に沈む磐田はGK梶川裕嗣が古巣相手に加入後初先発。対照的に6試合連続無敗でその間わずか1失点と安定している湘南は、日本代表帰りのGK谷晃生、DF杉岡大暉、FW町野修斗も揃って先発に名を連ねる。

 前半はホームの磐田がやや優位に立つが、谷の好セーブもあり湘南はゴールを許さず。逆に町野などに訪れた惜しいチャンスを活かすこともできず、両チーム無得点で折り返した。

 後半もなかなかゴールが生まれないまま一進一退の攻防が繰り広げられていったが、ついに均衡が破られたのは77分。磐田が交代で投入したばかりの杉本健勇がエリア右からゴール前へ侵入し、GKを引きつけて中央の金子翔太へ。金子は一旦シュートをDFにブロックされながらもこぼれ球を押し込んだ。

 5試合ぶりとなる貴重な1点を守りきり、磐田はそのまま今季初の完封勝利。暫定的に最下位を脱出しており、他チームの結果次第では一気に降格圏を脱出できる可能性もある。

【得点者】
77分 1-0 金子翔太(磐田)