インテルのチリ代表FWアレクシス・サンチェスは、クラブとの契約を解除し移籍することが濃厚となったようだ。かつてバルセロナやアーセナルなどでも活躍したビッグネームはどこでプレーすることになるのだろうか。

 サンチェスはマンチェスター・ユナイテッドからのレンタルを経て完全移籍でインテルに加入。だが昨季もリーグ戦5得点にとどまるなど苦しい状況が続き、ロメル・ルカクの復帰などによって今後の出場機会獲得はさらに厳しくなると見込まれている。

 インテルとの契約は2023年までもう1年残されているが、退団の可能性は高くなったようだ。イタリア『スカイ』は同選手とクラブとの間で契約解除に向けた話し合いが行われていると報じた。すでに口頭合意に達したとの報道もある。

 仏紙『レキップ』は、インテルがサンチェスに違約金として450万ユーロ(約6億円)を支払う形での契約解除が合意に達した模様だと伝えている。正式発表は行われていないが、インテル退団はほぼ決定的とみられている状況。

 サンチェスに対しては中東クラブなどからも関心が寄せられていたが、本人にはオファーに応じる意思がない模様。フランスからはマルセイユが関心を示しており、現時点では最も有力な移籍先候補だと伝えられている。