チェルシーは、バルセロナのオランダ代表MFフレンキー・デ・ヨングの獲得に向けて前進しつつあるのかもしれない。スペイン紙『スポルト』が報じたとして英国複数メディアが伝えている。

 デ・ヨングは、アヤックス時代の恩師であるエリック・テン・ハフ監督の率いるマンチェスター・ユナイテッドがこの夏のメインターゲットとして獲得を狙い続けていた選手。だがバルセロナとはクラブ間で合意しながらも、デ・ヨング本人がユナイテッド移籍を拒否し続けてきたようだ。

 ユナイテッドもまだデ・ヨングの獲得を諦めてはいないと報じられているが、チェルシーが優位に躍り出たとの報道も浮上。バルセロナとの間では、ユナイテッドの提示額を上回る金額での合意に「非常に近い」状況だという。

 チェルシーはデ・ヨングの移籍金として8000万ユーロ(約110億円)以上を提示する見通しとのこと。クラブ間で合意に達したとすればあとはデ・ヨング本人の意思次第となるが、ユナイテッドと比較すると、チェルシーが今季チャンピオンズリーグ出場権を獲得していることが大きな説得材料になり得るとも予想されている。

 バルセロナは新たに補強した選手らを登録するためにも、デ・ヨングなどを放出してサラリーキャップの枠を空ける必要に迫られている状況。遅れて現れたチェルシーがユナイテッドを抜き去る形で、デ・ヨングの獲得を決める可能性もあるのかもしれない。