【ジュビロ磐田 0-6 浦和レッズ J1第25節】

 明治安田生命J1リーグ第25節のジュビロ磐田対浦和レッズ戦が13日に行われ、アウェイの浦和が6-0で勝利を収めた。

 先に試合を行ったヴィッセル神戸の勝利により暫定最下位に転落となった磐田は何としても勝ち点を加えたいところ。一方の浦和も残り10試合での上位進出を目指すため白星を重ねていきたい。

 開始わずか5分、先制点はアウェイの浦和に生まれる。自陣左サイドでのボールを奪った小泉佳穂がそのままカウンターを繰り出し、逆サイドからフリーで駆け上がったダヴィド・モーベルグにラストパスを送ると、モーベルグがエリア右での得意な形から左足でネットに送り込んだ。

 さらに前半13分には松尾佑介が磐田最終ラインのミスを突いてボールを奪い、エリア右からのクロスに中央で小泉が合わせて追加点。40分にも右サイドで仕掛けたモーベルグのクロス性のボールが左ポストに当たってゴールに収まり、浦和が前半だけで3点のリードを奪う。

 後半立ち上がりには磐田も反撃開始の気配を見せたが、63分には伊藤敦樹が左からのクロスに合わせて磐田の希望を挫く4点目。その3分後にも伊藤のクロスから小泉が自身2点目を決めて5-0と突き放した。

 79分にはフリーで抜け出したキャスパー・ユンカーもGKとの1対1を沈めて6点目。浦和は終盤の危ない場面もGK西川周作の好守などで阻んで完封し大勝を締めくくった。

【得点者】
5分 0-1 ダヴィド・モーベルグ(浦和)
13分 0-2 小泉佳穂(浦和)
40分 0-3 ダヴィド・モーベルグ(浦和)
63分 0-4 伊藤敦樹(浦和)
66分 0-5 小泉佳穂(浦和)
79分 0-6 キャスパー・ユンカー(浦和)