アルミニア・ビーレフェルトのMF奥川雅也は今季2点目となるゴールを記録し、チームのシーズン初勝利に貢献した。独誌『キッカー』ではブンデスリーガ2部の週間ベストイレブンに選出されている。

 ビーレフェルトは現地時間26日に行われたブンデスリーガ2部第6節の試合でブラウンシュヴァイクと対戦。前半だけで3点のリードを奪ったあと、後半には1点を返されたが、最後は奥川がダメ押しの4点目を奪って突き放した。

 昨季の降格から1年での1部復帰を目指したいビーレフェルトだが、開幕から4連敗と最悪のスタート。ようやく前節のドローで初の勝ち点1を手に入れたのに続いて、今節の初勝利で3部降格圏を抜け出すことに成功している。

『キッカー』では今節の奥川のパフォーマンスに対して「1.5」と非常に高い採点(ドイツでは1から6までで数字が小さいほど高評価)。この試合の単独最高点でマン・オブ・ザ・マッチにも選出している。

 さらに奥川は週間ベストイレブンにも今季初の選出。日本人選手の2部ベストイレブン選出は、開幕節でフォルトゥナ・デュッセルドルフのMF田中碧が選出されて以来となった。