明治安田生命J2リーグ第34節およびJ3リーグ第23節の試合が3日から4日にかけて各地で行われる。3日土曜日にはJ2で8試合、J3で7試合が開催された。

 J2は自動昇格に向けて2チームが抜け出す展開となっていたが、2位のアルビレックス新潟は手痛い敗戦。大分トリニータにホームで0-1の敗戦を喫し、連勝は3でストップした。

 一方で首位の横浜FCは、小川航基が今季20ゴールの大台に乗せる2得点。だがレノファ山口FCに2点差からの反撃を許し、3-3のドローでこちらも3連勝が止まる結果となった。

 前節4位に後退したベガルタ仙台は水戸ホーリーホックにも敗れて泥沼の4連敗。新潟を下した大分は暫定5位に順位を上げている。

▽J2第34節(3日)
琉球 0-1 秋田
千葉 0-1 長崎
新潟 0-1 大分
仙台 1-2 水戸
山形 4-1 岩手
金沢 2-1 東京V
山口 3-3 横浜FC
徳島 2-0 甲府

 J3ではいわきFCが谷村海那の1点でAC長野パルセイロに1-0の勝利。連勝を4に伸ばして首位を快走している。

 いわきを4ポイント差で追う鹿児島ユナイテッドFC、松本山雅FCもそれぞれ勝利で勝ち点差は変わらず。鹿児島はアスルクラロ沼津を1-0、松本は愛媛FCを2-1でそれぞれ下した。

▽J3第23節(3日)
沼津 0-1 鹿児島
いわき 1-0 長野
相模原 2-2 鳥取
松本 2-1 愛媛
富山 3-2 福島
八戸 1-2 宮崎
岐阜 3-0 YS横浜