【鹿島アントラーズ 2-2 浦和レッズ J1第28節】

 明治安田生命J1リーグ第28節の鹿島アントラーズ対浦和レッズ戦が3日に行われ、2-2の引き分けに終わった。

 ACL圏内への浮上を目指すためこれ以上勝ち点を落とせない鹿島は前半16分、早い時間に先制点を奪うことに成功。左サイドでの組み立てから樋口裕太が右足でクロスを入れ、中央で合わせたアルトゥール・カイキが強烈なヘディングを叩き込んだ。

 さらに27分、浦和は今季リーグ戦初先発に起用されたGK鈴木彩艶が痛恨のミス。A・カイキがエリア手前中央から放った低いミドルに対して鈴木の反応は十分に間に合っていたが、パンチングの弾き方を誤りネットに後逸する形となってしまった。

 2点のビハインドを背負った浦和もその直後に反撃。前半30分、エリア中央で岩尾憲からのパスを受け反転した松尾佑介のシュートが関川郁万の足に当たってコースを変えネットの中へ。浦和が反撃への希望を繋いで前半を折り返す。

 そして69分、左サイドでFKを獲得した浦和は岩尾のクロスに岩波拓也が頭で合わせて2-2の同点。終盤にはお互い選手交代も含めて次の1点を狙いにいったがスコアが動くことはなく、勝ち点1を分け合う結果となった。

【得点者】
16分 1-0 アルトゥール・カイキ(鹿島)
27分 2-0 アルトゥール・カイキ(鹿島)
30分 2-1 松尾佑介(浦和)
69分 2-2 岩波拓也(浦和)