フランス・リーグアン第6節のナント対パリ・サンジェルマン(PSG)戦が現地時間3日に行われ、アウェイのPSGが3-0で勝利を収めた。この試合ではリオネル・メッシの絶妙なアシストからキリアン・エムバペが2得点を挙げる活躍を見せている。

 前節まで5試合で7得点6アシストと絶好調だったネイマールを先発から外しベンチに置いたPSG。それでもメッシとエムバペの“ホットライン”があれば十分すぎるほど相手にとって脅威だった。

 前半18分にはメッシのアシストからエムバペが先制ゴールを記録。その数分後に退場者を出して10人となったナントに対し、54分にはメッシが相手DFの股間を抜く絶妙なラストパスで再びエムバペのゴールをお膳立てしてみせた。一旦はオフサイドでノーゴールとされたが、VARにより判定が覆り得点が認められることになった。

 PSGへの移籍以来ゴール数は減少しているメッシだが、アシスト役としての活躍ぶりも光る。一方でエムバペは今季もやはり得点を量産し、これで6試合7得点でネイマールとともに得点ランキング首位に立っている。