●5位:チェルシー(イングランド)

 UEFAチャンピオンズリーグ22/23シーズンが現地時間7日に開幕する。8月にリーグ戦は開幕しており、1日には欧州主要リーグの移籍期間が終了した。昨季王者レアル・マドリードの連覇を止めるチームは現れるか、リバプールが決勝で敗れた昨季の雪辱を果たすか。注目ポイントは枚挙にいとまがないが、補強を終えた各チームの戦力は気になるところだ。今回は、各チームの戦力を4項目(攻撃、守備、選手層、勝負強さ)に分けて数値化し、ランキング形式で紹介する。

——————————————————

監督:トーマス・トゥヘル
21/22 リーグ戦成績:3位
21/22CL 成績:ベスト8

 昨季チェルシーは前回大会王者としてCLに臨んだが、レアル・マドリードに準々決勝で敗戦。その敗退の仕方もショッキングで、1-3で敗れた1stレグから立ち直り、2ndレグでは75分までに2戦合計スコアで4-3とリードをしていた。ところが80分に同点に追いつかれると、延長戦にカリム・ベンゼマに痛恨の勝ち越しゴールを許して連覇の夢は途絶えた。

 今夏のチェルシーはオーナー交代の影響もあって移籍市場を賑わす存在となった。アントニオ・リュディガーやアンドレアス・クリステンセン、ロメル・ルカクが退団した一方でラヒーム・スターリング、カリドゥ・クリバリ、マルク・ククレジャらを獲得し、移籍市場最終日にはトーマス・トゥヘル監督のドルトムント時代の教え子であるピエール=エメリク・オーバメヤンを獲得した。

 トゥヘル政権における課題は就任以降ずっと同じである。それは、シーズン20点以上決められる絶対的なストライカーが不在ということだ。かつてはディディエ・ドログバやジエゴ・コスタら「エース」と呼ばれる選手が最前線に君臨していたが、現監督の下ではいない。昨夏に加入したルカクはその役割を期待されていたが、シーズン途中の不必要な発言もあって期待に応えられなかった。そういった意味では今夏に加入したオーバメヤンに対する期待は大きい。

 今季のチェルシーは開幕から不調が続いている。というのも、チーム全体に元気がなく、あまりにも簡単に失点をする場面が多い。またエンゴロ・カンテが開幕早々に怪我をしてしまった影響も大きく、中盤での攻防で優位に立てないのも調子が上がらない要因だ。前述したオーバメヤン以外にも最終日にはデニス・ザカリアをユベントスから補強しており、土壇場で獲得した2人の新戦力が今季のCLでの躍進のカギを握りそうだ。