明治安田生命J2リーグ第35節およびJ3リーグ第24節の試合が10日に各地で行われた。J2では全11試合、J3では6試合が土曜日に開催されている。

 J2では首位に立つ横浜FCがホームで栃木SCと対戦してスコアレスドロー。アルビレックス新潟は高木善朗の2発などで最下位FC琉球を下した。この結果両チームは勝ち点で並び、得失点差で上回る新潟が8試合ぶりの首位浮上を果たしている。

 ファジアーノ岡山はモンテディオ山形を破って連勝を4に伸ばし、上位2チームと5ポイント差の3位。監督交代後の初戦となったベガルタ仙台は5連敗を喫し、ロアッソ熊本にも抜かれて5位に後退してしまった。

 下位では水戸ホーリーホックを1-0で下したいわてグルージャ盛岡が連敗を5で止めて降格圏を脱出。東京ヴェルディと引き分けたザスパクサツ群馬が21位に転落している。

▽J2第35節
岩手 1-0 水戸
千葉 1-0 金沢
東京V 1-1 群馬
町田 0-1 山口
横浜FC 0-0 栃木
甲府 0-3 大宮
新潟 3-0 琉球
秋田 0-0 徳島
岡山 2-1 山形
長崎 1-3 熊本
大分 1-0 仙台

 J3では松本山雅FCが福島ユナイテッドを1-0で下して4連勝。暫定で昇格圏の2位に浮上している。

 上位をうかがうカターレ富山、藤枝MYFCもそれぞれ勝利を収めた。愛媛FCとFC今治の同県対決はシーソーゲームの激戦の末、3-2で愛媛に軍配が上がる結果となった。

▽J3第24節(10日)
福島 0-1 松本
藤枝 2-0 八戸
富山 2-1 宮崎
鳥取 3-0 沼津
岐阜 1-1 長野
愛媛 3-2 今治