明治安田生命J1リーグ第29節の試合が10日に各地で行われた。19時キックオフの試合としては6カードが開催されている。

 首位に立つ横浜F・マリノスはホームでアビスパ福岡と対戦。前半14分にアンデルソン・ロペスのゴールで先制し、そのまま1-0の勝利を収めて今節も首位を守った。

 浦和レッズ対柏レイソル戦は、前半に松尾佑介とアレックス・シャルクが決めた浦和が2点をリード。後半にも知念哲矢のゴールとアレクサンダー・ショルツのPKで引き離す。柏も細谷真大が1点を返したが浦和が4-1と快勝した。

 4位の鹿島アントラーズはアウェイで京都サンガF.C.と対戦。山﨑凌吾のゴールで前半に京都がリードしたが、後半にはディエゴ・ピトゥカのゴールで鹿島が追いつき、1-1のドローに終わっている。

 2連敗中の6位セレッソ大阪は勝ち点1差に迫ってきていた7位サガン鳥栖との対戦。後半に入って鈴木徳真のゴールでC大阪が先制し、鳥栖も本田風智が同点としたが、アディショナルタイムにジェアン・パトリッキの決めた劇的弾でC大阪に軍配が上がった。

 ガンバ大阪対FC東京戦はスコアレスドロー。ヴィッセル神戸対名古屋グランパス戦も同じく0-0に終わった。勝ち点1を加えたG大阪は暫定15位へと順位を上げ、福岡がプレーオフ圏の16位となっている。

▽J1第29節(10日)
清水 1-1 湘南
川崎F 4-0 広島
浦和 4-1 柏
横浜FM 1-0 福岡
京都 1-1 鹿島
G大阪 0-0 FC東京
C大阪 2-1 鳥栖
神戸 0-0 名古屋