●チームに多くのことをもたらしている新戦力
 
 2022/23シーズンの移籍市場でも多くの移籍が成立したが、プレミアリーグのビッグクラブはどのような動きをみせたのか。今回はアヤックスで実績を積んできたエリック・テン・ハグを新監督に招聘し、タイトル奪還を目指すマンチェスター・ユナイテッドの補強動向を分析する。(文:安洋一郎)

———————————————-

 昨季はラルフ・ラングニック暫定監督の下で低調なパフォーマンスに終始したマンチェスター・ユナイテッド。実際に1試合平均の勝ち点は「1.5」と勝率42%は史上最低の数値であり、UEFAヨーロッパリーグ(EL)出場権を獲得できたのは奇跡に近いだろう。

 そんな中、今夏はアヤックスからエリック・テン・ハグ監督を招聘し、昨季に続いて大型補強を敢行した。アヤックス時代の教え子であるリサンドロ・マルティネス、アントニー、オランダ代表期待の逸材であるタイレル・マラシア、ブレントフォードで完全復活を遂げたクリスティアン・エリクセン、そしてレアル・マドリードで数々のタイトル獲得に貢献し、世界最高のボランチとも評されるカゼミーロを獲得した。

 エリクセンは昨夏のユーロ2020(欧州選手権)で試合中に意識を失い、植え込み型除細動器(ICD)を装着してのプレーとなっているが、それが全く気にならない素晴らしいパフォーマンスを披露している。3列目のポジションから攻撃のスイッチを入れる縦パスや、相手ディフェンスラインの隙を狙ったフリーランなど「サッカーIQ」の高さを生かした頭脳的なプレーで違いを生み出している。

 そして今夏、最も重要な補強だったのがリサンドロ・マルティネスだ。アルゼンチン出身のDFらしく、気持ちを前面に押し出してプレーするのが持ち味で、ゴール前でのシュートブロックやタックルの後に見せる渾身のガッツポーズはチームの士気を上げている。これに乗せられてか周りの選手も良いパフォーマンスをした後にお互いを讃え合うことが増え、昨季と比較すると段違いに最終ラインがまとまっている。

 また昨季は本領を発揮できたとは言い難いラファエル・ヴァランもマルティネス加入の影響を良い意味で受けており、レアル・マドリード時代のセルヒオ・ラモスのようにコーチングをしてくれる選手が隣に入ったことで、昨季とは全く違う姿を披露している。

●好調の裏で抱える矛盾

 カゼミーロはプレシーズンを戦っていないこともあり、まずは途中出場が主な起用法となっているが、彼と控えGKのマルティン・ドゥブラフカ以外は既にスタメンに定着している。

 彼らの活躍もあり、開幕2連敗からの4連勝と見違えるように蘇ったユナイテッドだが、現在のスタイルはテン・ハグ監督が開幕当初に望んでいたものではないだろう。開幕当初はポゼッションを意識し、最終ラインからも繋ぐサッカーを展開していたが、2節ブレントフォード戦での繋ぎのミスから大敗を喫したことで、3節以降は困ったら前線にボールを蹴る形へと応急処置的な形でスタイルを変更した。

 それはポゼッション率に顕著に表れており、2節までは60%以上の支配率を記録していたところが、3節以降はほとんどの試合が50%を大幅に下回っている。唯一の50%超えとなったサウサンプトンも52%と、テン・ハグ監督がアヤックス時代に展開していたようなポゼッションスタイルのサッカーができていると言い難く、そこには矛盾が生じている。

 プレミアリーグで連勝が続いている今、そのスタイルを変更することは現実的ではない。移籍市場開幕当初に獲得候補だったユリエン・ティンバーやフレンキー・デ・ヨングを獲得できていれば、その移行がスムーズに行えただろうが、最終的に獲得したのは圧倒的な守備力を誇るカゼミーロだった。

 カゼミーロ加入によるメリットも当然ながら大きく、ブルーノ・フェルナンデスやエリクセン、そして前線の選手が今まで以上に攻撃にリスクをかけることができる可能性は高い。テン・ハグ監督は現有戦力が最も輝く戦い方を見極めつつ、その中で自分のエッセンスを徐々にでも出していきたいところだ。