●新戦力が即フィット

 2022/23シーズンの移籍市場でも多くの移籍が成立したが、プレミアリーグのビッグクラブはどのような動きをみせたのか。今回はミケル・アルテタ監督の下で今季開幕5連勝を達成するなど、久々のチャンピオンズリーグ(CL)出場権獲得が現実的な目標となっているアーセナルの補強動向を分析する。(文:安洋一郎)

———————————————-

 ミケル・アルテタがアーセナルの監督に就任してから今季で4季目を迎える。毎年の大型補強によってウナイ・エメリ政権から引き継いだスカッドからは大きく変わっており、現在は自らが獲得を望んだ選手たちがスタメンの大半を占めている。

 今冬にはピエール=エメリク・オーバメヤン、今夏にはアレクサンドル・ラカゼットやベルント・レノら前政権時代からチームを支えていた選手が去った一方で、マンチェスター・シティからガブリエウ・ジェズスとオレクサンドル・ジンチェンコの2選手を獲得することに成功。両名ともアルテタのシティ時代の教え子であり、開幕から欠かせない戦力となっている。

 特に開幕6戦で3得点3アシストを記録しているジェズスの活躍は凄まじい。屈強なDFたちを背負った状態でもロングボールを収め、そこから反転してドリブルで突破をしたり、ブカヨ・サカやマルティン・ウーデゴールらとのコンビネーションで一気にチャンスを作ったりするなど、既に攻撃陣の核と言っても過言ではない活躍ぶりを披露している。

 左サイドでアップダウンを繰り返すキーラン・ティアニーとは異なる特性を新加入のジンチェンコは持ち合わせている。同選手は内側にポジションを取ることで左CBから左WGへのパスコースを作るのと、中盤で数的優位を作る「偽サイドバック」の役割が上手い選手であり、ボール保持の局面では抜群のクオリティを発揮している。空中戦や対人守備を苦手とするなど守備では穴となりがちだが、対戦相手や試合状況によってアルテタ監督がティアニーと使い分けることができれば強力な左サイドとなるだろう。

 ファビオ・ヴィエイラ、マルキーニョスの両名はリーグ戦ではベンチスタートが続いているが、UEFAヨーロッパリーグ(EL)では結果を残すなど、早速ポテンシャルの高さを発揮している。そして控えGKにはマット・ターナーを獲得。このアメリカ代表GKには、昨季終了時点で退団が決定的だったベルント・レノの代役としての活躍が期待されている。

●最終日に選手を獲得できなかった要因

 一方で怪我がちのトーマス・パーティーの控えとなる選手を獲得できなかったことは痛恨だろう。移籍市場最終日にはアストン・ヴィラのドウグラス・ルイスに対して3度のオファーを出したが、いずれも先方が求める移籍金より低いということで拒否されている。

 3度もオファーを出していた時点で中盤の選手の枚数が足りないことは明らかで、モハメド・エルネニーの長期離脱も苦しいところだ。特に今季前半戦は11月にFIFAワールドカップが開催される影響で例年以上の過密日程となっており、プレミアリーグとELを併用して戦わなければいけないアーセナルにとって中盤の駒不足は懸念をしなければいけない事態となるかもしれない。

 ルイスを獲得できなかった一因とも捉えられるのだが、アーセナルは「選手の売却が下手過ぎる」という問題を長年抱えている。毎年大型補強を繰り返しているマンチェスター・シティとチェルシーは今夏も含めた直近の4年間でアーセナルの3.5倍から4倍の収入を選手の売却によって得ており、それをそのまま補強資金に充てている。

 一方のアーセナルはほとんどの選手を適正価格、もしくはそれ以上の価格で売却することができていない。今夏に完全移籍でチームを去ったのは、買い取りオプションを行使した選手も含めるとマテオ・ゲンドゥージ、コンスタンティノス・マヴロパノス、ベルント・レノ、ルーカス・トレイラの4名がいるが、いずれも市場価格の半分以下での売却となっている。

 彼らは現金化できた選手だが、ラカゼットとエクトル・ベジェリンに関してはフリーでの放出となっている。これまで高額な移籍金で獲得してきたオーバメヤンやメスト・エジル、シュコドラン・ムスタフィ、ヘンリク・ムヒタリアンらもフリーでの放出(契約解除の場合は残りの年俸を全額支払っているケースが大半)となっており、この積み重ねが肝心な時にお金を使えないという事態に発展しかねない。

 最終日にルイスに対して一定額以上のオファーを出せなかったのも、収支のバランスがあまりにも悪く、これ以上支出を増やすとファイナンシャル・フェアプレー(FFP)の処分、もしくはUEFAの監視対象になる可能性があったからだろう。この選手売却における立ち回りの下手さは毎年言われているが、改善の必要がある。