日本サッカー協会(JFA)は16日、今月行われる国際親善試合2試合に臨むU-21日本代表メンバーを発表した。

 パリ五輪出場を目指すU-21日本代表は今月のアジア競技大会に出場する予定だったが、新型コロナウイルスの影響で来年に延期。その代替として、欧州で試合を行うこととなった。

 メンバーには、今年6月に行われたAFC U-23アジアカップ・ウズベキスタン2022で主将としてチームを牽引した藤田譲瑠チマや細谷真大、鈴木彩艶などが選出。欧州組からは小久保玲央ブライアン、斉藤光毅、田中聡が招集されている。

 U-21日本代表は日本時間の今月22日にスペインでU-21スイス代表と、同26日にイタリアでU-21イタリア代表と対戦する。大岩剛監督が選んだメンバーは以下の通り。

▽GK
小久保玲央ブライアン(ベンフィカ/ポルトガル)
佐々木雅士(柏レイソル)
鈴木彩艶(浦和レッズ)

▽DF
西尾隆矢(セレッソ大阪)
木村誠二(FC東京)
加藤聖(V・ファーレン長崎)
馬場晴也(東京ヴェルディ)
半田陸(モンテディオ山形)
畑大雅(湘南ベルマーレ)
鈴木海音(栃木SC)

▽MF
本田風智(サガン鳥栖)
松岡大起(清水エスパルス)
佐藤恵允(明治大学)
川﨑颯太(京都サンガF.C.)
斉藤光毅(スパルタ・ロッテルダム/オランダ)
鈴木唯人(清水エスパルス)
藤田譲瑠チマ(横浜F・マリノス)
田中聡(コルトレイク/ベルギー)

▽FW
木村勇大(関西学院大学)
藤尾翔太(徳島ヴォルティス)
細谷真大(柏レイソル)