明治安田生命J1リーグ第30節、湘南ベルマーレ対浦和レッズが17日に行われ、0-0の引き分けに終わった。浦和は2試合連続でゴールがなく、湘南戦は指揮官の掲げるスタイルとはかけ離れた展開になってしまった。決勝に駒を進めたAFCチャンピオンズリーグ含めて8月は勝利を重ねたが、9月に入って失速。リカルド・ロドリゲス監督就任2年目の今季は浮き沈みの激しいシーズンとなっている。(取材・文:加藤健一)
————————————————

●湘南ベルマーレに圧倒された浦和レッズ

 内容で見れば、湘南ベルマーレが上回っていた。主審が試合終了を告げるホイッスルを鳴らした後、GK西川周作はチームメイトとハグをして健闘を称えていた。酒井も「勝ち点3を取ることが大事でしたけど、湘南も凄くオーガナイズされた守りで戦ってきたので無失点、失点しなかったのを良しとして、評価しづらい試合でしたが、こうやって接戦を負けないというのは最低限だと思う」と振り返っている。

 特に前半は浦和にとって厳しいものだった。

 湘南の守備強度と縦への意識が上回っていたこともある。ただ、浦和に矢印を向ければ、あまりにも消極的な選手が多かったのも事実。これまでも悪いときに何度もあったが、両サイドの選手が広がりすぎて中盤がスカスカに。数的不利となった中盤で柴戸海は何度もボールロストを繰り返した。

 リカルド・ロドリゲス監督はハーフタイムに2枚の交代カードを切り、修正を施して迎えた後半は改善の跡が見られた。岩尾憲が入ったことでボール保持から攻撃ができるようになったが、縦に間延びしたことでかなりオープンな展開となった。

 指揮官は湘南を「なかなかうまくスペースを使わせてもらえず、我々のやろうとしていることをうまく消してくるチームでした」と評す。さらに、試合をこう振り返った。

●リカルド・ロドリゲス監督の理想と浦和レッズの現実

「相手とやり合い、行ったり来たりすることが多くなって、切り替えが頻繁に起こる場面が出てきました。そうした展開を好んではいないのですが、今回の試合で言えばいけそうな場面もあった。ここまでやってきたサッカーと少し違う展開になった」

 最終ラインから攻撃を組み立てて敵陣に押し込む。ボールを失っても連動したプレスで奪い返し、相手に主導権を渡さない。そういった良いときの浦和の影はこの試合にはなかった。岩尾が入った後半は改善されたが、センターバックはパスの出しどころを見つけられずに攻撃は停滞してしまった。

 前半に関しては前線の守備もバラバラだった。フリーにしてはいけない相手の中盤が空いてしまう場面が何度もあり、幾度となく浦和陣内までいとも簡単に運ばれた。湘南のGK谷晃生が「今日の浦和に関してはそこが空いていた」と言うように、湘南の中盤はぽっかりと空いており、浦和はボールロストからカウンターを何度も浴びている。

 指揮官も望んでいなかったオープンな展開について、久々にフル出場した酒井宏樹はこう考えている。

「もちろん理想とするサッカーは違うかもしれないですけど、そこは現場で判断していかないといけない。勝つために試合をしないといけないので、理想と現実というのは違ってくる」

 これは指揮官が掲げる理想を実現するのが難しいという話ではない。酒井の言葉を補足するならば、指揮官が掲げる理想は勝利を掴むために存在するが、実際のピッチではその理想が通用しない局面というのが必ず出てくるということだ。そこで自分たちの理想に固執して現実に即したサッカーを捨てるというのは本末転倒である。酒井はこうも語る。

●酒井宏樹は現状をどう見ているか?

「監督がそうやってブレないで理想を追求するのはいいと思いますし、そこは選手たちがしっかり責任もって表現しないといけない」

 セレッソ大阪戦から中2日という過密日程で、湘南戦の4日後にはYBCルヴァンカップ準決勝第1戦でセレッソと再戦する。伊藤敦樹と岩尾憲が45分ずつの出場となったことについて指揮官は「これまでの疲労を考慮したもの」と話しており、近づいている国内タイトルに照準を合わせている部分もある。リカルド監督は「人が大きく変われば、我々が目指しているサッカーを同じようにやっていくのは簡単ではない」という。

 しかし、浦和というクラブではこのようなエクスキューズが通用しないのも現実だ。リカルド監督の掲げる理想が間違っているわけではないはず。一発勝負のACLやルヴァンカップが証明しているように、勝ち進むだけの力があることは間違いない。しかし、それが浸透しきっていないのが現実だ。

 湘南も大野和成と大岩一貴が不在で、センターバックを本職とする選手がいない中、山本脩斗が3バックの中央に入っている。ベルギーに移籍した田中聡が務めていたアンカーにはインサイドハーフでプレーしていた茨田が入っている。しかし、それによってチームのパフォーマンスが下がることはない。

 湘南の山本は「どのメンバーが出ても自分たちのベースというのはある」と話す。2年目も後半に差し掛かったリカルド体制と、1年が経った山口智体制の違いが浮き彫りとなった。

(取材・文:加藤健一)

【了】