明治安田生命J1リーグ第30節が18日に行われ、横浜F・マリノスは北海道コンサドーレ札幌と0-0で引き分けた。

 この試合が終わると、国際Aマッチウィークが始まりJ1リーグ戦は2週間の中断に入る。サッカー日本代表はドイツで2試合を行う予定で、パリ五輪を目指すサッカーU-21日本代表も欧州遠征が組まれている。

 そのU-21日本代表に選ばれているマリノスのMF藤田譲瑠チマは「自分としては初めての欧州ですし、この先、欧州でプレーしたい気持ちがあるので、そこに向けた初めのチャンス」と貴重な遠征に心躍らせている。

 22日にスペインでU-21スイス代表と、その後はイタリアへ移動して26日にU-21イタリア代表と対戦予定で、藤田は「スカウトの人たちも見にくると思うので、しっかりと自分のプレーを見せながら成長できればいいかなと思います」と将来を見据えた大きなアピールチャンスへの意気込みを語った。

 U-21スイス代表もU-21イタリア代表も来年開催されるUEFA U-21欧州選手権の出場権を獲得しており、大会まで1年を切ったタイミングの今回は彼らにとっても重要な実戦の場。U-21日本代表がこれまで対戦してきたアジアの国々よりも個と組織の両面で完成度の高い相手とピッチ上で戦うことができる。次なるスター候補たちのポテンシャルを見極めるべく、多くのスカウトたちが会場に視察に訪れるであろうことも想像に難くない。

 藤田らパリ五輪世代の選手たちは、コロナ禍の影響をモロに受けてきた。2020年から海外遠征に出られなくなり、2021年には出場予定だったFIFA U-20ワールドカップが中止に。今年は中国で開催予定だったアジア競技大会が2023年に延期された。そのため欧州や南米の代表チームと海外で対戦できる機会は、非常に貴重なものになる。

 ちなみに藤田は国際大会の前になると「気合いを入れるため」に、髪を明るい色に染め上げることが多かった。例えば6月のAFC U-23アジアカップ直前には2回のブリーチをして、白に近い金髪に。しかし、今回は金のメッシュが少し入るくらいの控えめな髪型でU-21日本代表に参加する。

 今回の自らの髪型について藤田は「伸ばした時に黒のままがいい。全部金髪にしてしまうと、また坊主にしないといけなくて、今回は控えめに染めました」と語り、報道陣の笑いを誘った。

 髪型ではなく圧倒的なパフォーマンスでピッチ上の誰よりも目立ち、スカウトの目を釘づけにできるか。欧州の強豪国代表相手に躍動し、世界を驚かせる藤田の姿を楽しみにしたい。

(取材・文:舩木渉)