【日本 1-0 アメリカ合衆国 キリンチャレンジカップ2022】

 サッカー日本代表は23日、キリンチャレンジカップ2022でアメリカ合衆国代表と対戦している。

 森保一監督はカタールワールドカップアジア最終予選の中盤以降に定着した4-3-3ではなく、4-2-3-1のシステムで臨むことを選択した。GKに権田修一、ディフェンスラインに右からDF酒井宏樹、DF吉田麻也、DF冨安健洋、DF中山雄太が先発。中盤ではMF遠藤航とMF守田英正がダブルボランチを形成し、トップ下にMF鎌田大地が入った。そして、攻撃陣は右サイドにFW伊東純也、左サイドにFW久保建英、1トップにFW前田大然という組み合わせだ。

 日本は開始1分、インターセプトからカウンターを繰り出し、伊東が右サイドから切り込んで左足でミドルシュートを放つ。試合開始早々にいきなり最初のシュートチャンスを作り出した。

 一方、アメリカは7分にDFセルジーニョ・デストが右サイド突破からゴール前にクロスを送り、FWヘスス・フェレイラが頭で合わせる。シュートはゴールの枠内に飛ばなかったが、個の仕掛けからチャンスを生み出す爆発力を披露した。

 13分に日本はビッグチャンスを迎える。相手のディフェンスラインからの安易なパスを久保がカットし、すぐに切り替えてゴールに向かう。そして久保のパスに伊東が合わせる。しかし、これは相手GKのセーブに遭って先制点とはならなかった。

 カウンターのみならず複数人が絡む崩しも冴え渡った。24分、伊東の運んだボールが後方から攻め上がってきた守田につながり、ダブルボランチの一角に入る27歳は左に展開する。そしてペナルティエリア内でパスを受けた鎌田が落ち着き払ったフィニッシュでゴールネットを揺らした。一度はオフサイドと判定されたものの、VARによる確認の結果、ノーオフサイドに判定が修正されて鎌田のゴールは日本の先制弾として認められた。

 1トップの前田がスイッチを入れる前線からのプレッシングも機能し、苦し紛れのロングボールは日本のディフェンス陣が余裕を持って処理できる展開に。アメリカの攻撃を封じ込めた日本は1点リードで前半を終えた。

【得点者】
24分 1-0 鎌田大地(日本)