UEFAネーションズリーグ(UNL)リーグAグループ3第5節のドイツ代表対ハンガリー代表戦が現地時間23日に行われ、アウェイのハンガリーが1-0で勝利を収めた。決勝点となったのは非常に技巧的なスーパーゴールだった。

 ドイツ代表に加え、ユーロ2020(欧州選手権)決勝を戦ったイタリア代表とイングランド代表も同居する厳しいグループで、まさかの首位に立つ大躍進を見せているハンガリー代表。この試合でも前半17分に敵地で先制ゴールを奪ってみせた。

 左CKから上げられたクロスに対してニアポストに飛び込んだFWアーダーム・サライが右足バックヒールのボレーで合わせ、体の右後方へとシュートを放つと、ゴール前に密集する選手たちの頭上を抜けたボールが見事にゴールイン。なでしこジャパン(日本女子代表)を2011年女子ワールドカップ優勝に導いた澤穂希氏の伝説的ゴールを彷彿とさせる一撃となった。

 そのまま1-0で勝利を収めたハンガリーは、グループ首位で26日の最終節を迎えることが確定。2ポイント差で追う2位イタリアとのホームでの直接対決で準決勝進出を争う。